ONKYO Integra A-927 中古も

オンキヨーのプリメインアンプ Integra A-927 定価:¥95,000(税別) 発売1997年 中古対応機器情報・解説

1980年代後期から続いていた「798」プリメインアンプ戦争は、サンスイ、ソニーを中心に続きましたが、1990年台に入ると、ピュア・オーディオ機器の売り上げは落ち込みはじめ、また、もともと798アンプはコストを度外視しての消耗戦の様を呈していたこともあり、1990年代中盤には、どうも798アンプグレードの製品が9万円程度に値上げされ、コストや売り上げ減少分を補おうとしていた時期に思います。

このオンキヨーのアンプはそんな時期に95000円という価格で出ましたが、クラスや、購入ユーザー層も考えると、かなり革新的な内容で、オンキヨーとしては思い切ったことをしたと思います。

一般的なアンプでは、歪率の改善と周波数帯域の拡大などのためにNFB(負帰還)を用いるのが普通ですが、Integra A-927ではパワーアンプ部の電力増幅段から完全にNFBを排除する無帰還アンプを採用。海外のハイエンドブランドなどではあったりしますが、国内メーカーの中級品クラスで導入するのは異例であったと思います。これにより、歪率などのデータは他社より一桁悪くなっていますが、聴感上の音質に関わるほどでないとはされています。

160W+160W(4Ω)100W+100W(8Ω)の出力。電源部には、ダブルコア・レーザートランスを搭載、主要箇所にWIMAフィルムコンデンサーや高精度カーボン抵抗を投入するなど、基本物量も充実で、決して回路でのアピールのみでもありません。機能も、MM/MCフォノイコライザーを搭載、トーンコントロールは従来のBass/Trebleの他にMidbass Presenceが追加された3バンド式(ディフィートも可能)、専用端子からボリュームのみを介してパワーアンプに入力できるパワーアンプダイレクトポジションを搭載、というのは少し変わっています。木製キャビネットを採用している、というのも、魅力的に思います。

このクラスは1996年にDENONが伝説的物量投入機・PMA-2000を発売し、いっきにクラスの定番を奪い、そのままピュア・オーディオプリメインアンプの定番はDENON、というまでにしてしまいました。そういうこともあってか、このアンプはとくにPMA-2000が出てからは、当時、あまり話題にならなかったように思います。

というのも、なにか、当時から、本機の音質に関して、やや否定的な評価をする評論家も少なくなかったことも関係あるかもしれません。個性的な音、などとも言われていたように思います。たしか、低音が弱く、音量によってはトーンコントロールを使用しなければ厳しいなどとも言われています。

オンキヨーが現在まで続ける、アンプの低NFB設計と、ワイドレンジ再生を意識したコンセプトを持つアンプの源流のような機器で、同社の歴史にとっては重要な機器であることは間違いないと思います。また、オンキヨーは低NFBにこだわり続けますから、この路線は間違っていなかったという意味で、本機は失敗作などではないこともわかります。

今日では中古で買うことになりますが、フォノMM/MC対応で、3バンドトーンコントロールなどもあることを考えれば、現役機種としての考慮の価値はあると思います。ヤフオク中古では2万円台前半程度で買えます。もともとリモコンはないので、リモコンの有無に悩まされることもありません。ヤフオクでの取引数は月15件ほどもあり、予想より多かったです。このころはまだこのクラスのプリメインがこんなに売れていたのだ、と改めて驚きます。トーンコントロールのみ効かない中古などあるようですが、本機の場合、それは避けたいかもしれません。

なお、現行のオンキヨープリメインの同価格帯クラスはだいたいD級アンプになってしまっていて、同列に比較することは難しい気がします。より上のクラスで低NFBのアナログアンプは展開されています。

ヤフオク中古取引から相場・平均的な機器状態を読む(落札価格・入札数・落札日時)2014年
23,500 円 52件 7月16日 ・通電:正常・ガリ:ございません。・音出し:正常・ターミナル:正常
22,200 円 24件 7月28日 通電及び背面のTAPE/RECとパワーアンプダイレクト以外の端子にデッキを接続し
簡単な音出し及びスピーカー端子も同様に全て出力が行える事を確認いたしました。ボリューム調整やINPUT切り替えもOKですがBASSやTREBLE、BALANCEはツマミを回しても変化していない模様です。

ONKYO)(A-927のヤフオク出品

★ヤフオク!でONKYOのオーディオ機器を見る★

ONKYO)(A-927を楽天で見る
ONKYO)(A-927をamazonで見る
ONKYO)(A-927をYahoo!ショッピングで見る


A-927・仕様など
定格出力 160W+160W(4Ω、20Hz~20kHz) 100W+100W(8Ω)
全高調波歪率 0.04%(定格出力時、8Ω、20Hz~20kHz)
消費電力(電気用品取締法) 230W
外形寸法 幅445×高さ165×奥行434mm
重量 18.0kg
:プリメインアンプの製品データ:メーカーONKYOのプリメインアンプ:写真なし

スポンサードリンク


関連記事リスト
ONKYO A-9010 中古も
ONKYO A-9050 中古も
ONKYO Integra A-927 中古も
ONKYO A-905FX2 中古も
ONKYO Integra P-306 中古も

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : ONKYO)(A-927

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター