Pioneer A-D1 中古も

パイオニアのプリメインアンプ A-1D 定価:¥26800(税別) 発売2000年 中古対応機器情報・解説

フルサイズのプリメインアンプで廉価ながら本格的な内容を持つ機種として一部では有名なモデル。

2万円台でフルサイズのプリメインアンプという製品自体、国内オーディオメーカーはあまり手を出さないゾーンですが、パイオニアは、A-01というモデルもこの前に出すなど、なぜか積極的でした。

本機はA-01の後継機とも言えますが、内容はこの価格帯とは思えないほど充実。なんと、パイオニアオリジナルのパワー増幅素子“ダイレクトエナジーMOS-FET”を2万円台のプリメインアンプとして初めて採用。“ワイドレンジリニアサーキット”搭載で、当時すでに始まっていたSACDなども意識したもので、現在のPCオーディオ/ハイレゾ音源にも対応できる設計ということです。実用最大出力75W+75W(4Ω/JEITA)もあり、普通の環境、スピーカーなら問題ない十分な出力です。

トーンコントロールとラウドネススイッチ、トーンなしのソースダイレクト、ヘッドホン端子、スピーカー2系統にリモコンまで装備。そして、フルサイズながらも、薄型・軽量でかえって押し付けがましくなく、好印象。

本機はピュアオーディオ用プリメインアンプとして最エントリークラスでありながら、一般的な環境で、一般的な音量で聴く限り、これ以上のアンプはいらないのではないか、という感想を持つ人もいるという機種で、一体、ピュア・オーディオ趣味とはそもそも何なのか?を問いかける問題提起を、その存在自体でしてしまっているような機種かもしれません。

一方で、どんな機種でもオーディオ趣味遊びはできるもので?この機種に外部に良質なボリューム(プリアンプ)を使ったら、とてもいい音になったなどの人もいて、オーディオの奥深さもまた、どこにでも存在でしているようです。

この価格帯でパワーMOS-FETというのもポイントでしょう。パイオニアのアンプはみんなD級になってしまい、パワーMOS-FETを使ったアンプもちょっと出そうにないので、この機種はその点でも貴重かも。

ヤフオクでは数千円で買えるようです。それだと今やデジタルアンプも買えますが、中古でも、この価格で、廉価デジタルアンプにはない特徴、国内メーカーのパワーMOS-FETアナログアンプで、多機能、リモコンつき、というのは本機以外にはないと思います。

Pioneer)(A-D1のヤフオク出品

★ヤフオク!でアンプのオーディオ機器を見る★

Pioneer)(A-D1を楽天で見る
Pioneer)(A-D1をamazonで見る


実用最大出力75W+75W(4Ω/JEITA)
定格出力(両チャンネル駆動)/45W+45W(20Hz-20kHz、0.15%、4Ω)、35W+35W(20Hz-20kHz、0.15%、4Ω)
外形寸法/420(幅)×114(高さ)×307(奥行き)mm
質量/4.7kg
:プリメインアンプの製品データ:メーカーPioneerのプリメインアンプ:写真なし:

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
Counterpoint SA-5000 中古も
Nmode X-PM10 中古も
Pioneer A-D1 中古も
YAMAHA A-S2000 中古も
Jeff Rowland Synergy 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : Pioneer)(A-D1

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター