ONKYO Integra P-306 中古も

オンキヨーのプリアンプ P-306 定価:¥100,000(税別) 発売1979年 中古対応機器情報・解説

P-307(1977年)の後継機。ペア想定のパワーアンプはM-506。

分解能を高めるというWスーパーサーボ方式を採用したプリアンプ。P-307ではスーパーサーボ方式だった部分を改良。トーンコントロールにはパッシブ素子だけで構成され音質劣化を防ぐダイレクトトーン方式を採用、MC-MMコンパチブル・バリアブルゲインイコライザー搭載。アンバランス入力専用。

デザインも先代のウッドキャビネットや、やや時代性を感じさせるパネルデザインから、今日でもさほど違和感のないデザインに変わっています。ただ、かえって前モデルのレトロな感じも今となっては楽しいかもしれませんが。シールド材や各部分に、銅、アルミ、真鍮等の非磁性体を使用したこともあっての外観の変更もあるようです。

オンキヨーは10万円程度(から10万円台まで)の、セパレートのプリアンプとしては手ごろで、入門機とも言えるゾーンで数十年に亘って製品を出し続けており、いずれも高い評価を得てきました。なにしろ、それは今日まで続いていて、現在もこのシリーズの現行機と言える、P-3000R(18万円・税別)をラインナップしています。P-3000RはUSBをはじめとしたDAC機能も装備しているなど時代の違いを感じませます。

一方、本機はP-3000Rとは異なり、フォノMM/MC対応はもちろんのこと、トーンコントロールも装備しています。P-3000Rにはあるヘッドホン端子はありません。MC型カートリッジに対応するために、最適負荷インピーダンスは、47kΩ,3
~10Ω,10~40Ωの3ポジションから選択できるなど、現在の一般的なプリアンプに比べて、フォノMCの充実があるので、そのあたりの機能が気になる人には現行機とは違う価値が見出せそうです。

ヤフオク中古では2万円以下程度で手に入れることができるようです(動作品、ジャンク両方)。

ヤフオク中古取引から相場・平均的な機器状態を読む(落札価格・入札数・落札日時)2014年
17,507 円 11件 7月20日 ・両チャンネル音が出ません・表示ランプ点灯不良です

ONKYO)(P-306のヤフオク出品

★ヤフオク!でONKYOのオーディオ機器を見る★

ONKYO)(P-306を楽天で見る
ONKYO)(P-306をamazonで見る


仕様・スペックなど
消費電力 20W(電気用品取締法)
最大外形寸法 幅450×高さ99×奥行407mm
重量 7kg
:プリアンプの製品データ:メーカーONKYOのプリアンプ:写真なし

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
ONKYO Integra A-927 中古も
ONKYO A-905FX2 中古も
ONKYO Integra P-306 中古も
ONKYO Integra M-509 中古も
ONKYO TX-NR636
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : ONKYO)(P-306

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター