木田真理子さんにブノワ賞(バレエ) 日本人初の快挙

クラシックの世界で活躍する日本人の快挙のニュースが入ってきました。
世界の権威あるバレエ賞の一つ、ブノワ賞の受賞者が27日、モスクワで発表され、スウェーデン王立バレエ団の第1ソリスト、木田真理子さんが最優秀女性ダンサー賞を受賞した。同賞の全部門を通じて日本人の受賞は初めて。

引用元:毎日新聞 2014年05月28日 09時47分
http://mainichi.jp/select/news/20140528k0000e040139000c.html

これは新聞だけでなく、多くのテレビのニュースでも報道されたので、知っている人は多いと思います。

しかし、お恥ずかしいながら、クラシック音楽愛好家を自称している身ですが、実はこの賞のことは今回知りました。バレエの賞というと、若手登竜門のローザンヌ国際バレエコンクールはときどき報道もあるせいか知っていましたが、ブノワ賞は知りませんでした。

今回のことで知ったのは、バレエの世界では最高ランクの権威ある賞であること。それも、若手のためのコンクールではなく、すでに活躍しているプロに与えられる賞で、たとえるなら映画のアカデミー賞に相当することも知りました。

また、今回受賞された木田真理子さんのことも今回始めて知りました。木田さんは大阪出身。4歳でクラシックバレエを始め、2000年、16歳のとき、スイスのローザンヌ国際バレエコンクールで優秀賞を受賞。米サンフランシス コのバレエ学校で学び、カナダのバレエ団などを経て、12年にスウェーデン王立バレエ団に入団、現在に至り、ストック ホルム在住。

今回の受賞理由は、スウェーデン王立バレエ団の舞台「ジュリエットとロメオ」で、木田さんはジュリエット役を演じ、その演技が評価されてのことのようです。

これもバレエで「ロミオとジュリエット」というと、プロコフィエフ?くらいしか思いつきませんでしたが、題名が逆。ジュリエット主体の違う作品のようです。

今回の賞のことで、またバレエについて新しく知ることもできて、勉強になった思いがあります。

しかし、ここまでになるのは、本当にご本人も親御さんも大変だったと思います。とかくクラシック関係の楽器やバレエは習わせるのも習うのもお金、労力、なにより本人の努力が大変だからです。

かつてのピアノブーム(1980年が頂点)も結局大変だからだったのか収束してしまいましたし、こういう報道があると一時的に習おうという人が増えますが、それを一時的にしないほうがいいのか、できる人がやっていればいいのか、難しいところです。なにしろ、ここまでいく人は本当にひとり、というレベルなわけですし…。

とはいえ、鑑賞する人が増えるに越したことはないので、やはり、こういうニュースが業界にとって大事ですね。

木田真理子さん、本当におめでとうございます。これからもご活躍ください。


メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスさんが亡くなられました。
ベルリン・フィルが自主レーベル設立!ハイレゾも!
木田真理子さんにブノワ賞(バレエ) 日本人初の快挙
デイヴィッド・ギャレットがなんと映画に主演!?
井上道義さん、がん治療のため活動休止
スポンサードリンク

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター