B&W Nautilus 802 中古も

B&W Nautilus802_PA.jpg
B&Wのスピーカー Nautilus 802 ¥1,500,000(ペア・税別) 発売1998年 中古対応機器情報・解説 名機紹介

B&Wを代表するだけでなく、オーディオ界の紛れも無く名機のひとつ。

旧マトリックスシリーズに置き換わった、ノーチラス・シリーズの上から2番目の機種。20cm口径ウーファーを2基搭載した3ウェイ・4スピーカーのバスレフ型。大きな特徴は、オリジナルNautilusで開発されたチューブテクノロジーを活用したノーチラス・チューブツイーター。ケプラーとパルプの混合ウーファー。そして、FSTミッドレンジ。マトリクスシリーズで得られたテクノロジーも活用し、各ユニットはエンクロージャー内で分離されていて独自のマトリックス構造を採用。後ろ側が湾曲したエンクロージャーも特徴。

最上位ではないながらも、上級機のノーチラス801では重量が104kgにも及ぶことや横幅などから、日本では本機が人気があったとされています。スペック的にもより鳴らしやすいようです。それでも日本の住宅事情を考えると、大型で、それでも売れた、というのはすごいと思います。

これだけの高級機、大型機のハイエンドスピーカーにして、ヤフオクで常に中古取引がある、というのは驚き。その数が歴代の802シリーズでも最も多いのではないでしょうか。

ノーチラスシリーズはフロア型の801、803、804、ブックシェルフの805とあり、これらでサラウンドを組むことも可能でした。さらに、センター用のNautilus HTM1、2、リア用のNautilus SCM1、サブウーハーの ASW850/800というモデルもあり、サラウンドはむしろ強く意識されていました。

最近はオーディオ界が以前より活発になっていると言われますが、それはどちらかというと、PCオーディオによるデスクトップやホームシアターのサラウンドのためか、こうした大型機がヒットする、という状況にはないことを思い起こさせます。

800シリーズはこのあとも何度かモデルチェンジし、相当部品を変えるので、今はもう別物のようです。価格も相当上がっていますから、クラスも違う状態のようです。スペック的にもより高域が伸びていくなど、SACDやハイレゾへの対応も関係しているようです。外観があまり変わっていないのは面白いですが。たとえば、すぐ後継機種の802Dと比較するとダイヤモンドツィーターやロハセルコーンウーファー、ネオジムマグネットなどが採用されていない、などの内部的違いがあります。

本機はSACDやハイレゾ時代の前でもあり、高域再生レンジなどに時代を感じさせますが、中古市場での人気振りなど見ても、まだまだ現役の名機と言えそうです。

能率は現代のスピーカーにしては高めで、純A級の小出力アンプでも鳴らせるのかな?などと思いますが、推奨パワーアンプ出力・50W~500W(8Ω)とあるのも気にはなるので、50Wはあるアンプで鳴らしたほうがいいのでしょう。また、実使用時にかなりインピーダンスが低下するとのことで、結局力のあるアンプが必要なようで、結構オーディオ的な力量を求められるようです。

この機種をそれほど広くない一般家庭のスペースに置いているマニアが少なからずいるようですが、どんなものなのでしょう?これでサラウンドを組むとなるとさらにスペースが必要ですが、それも実行しているマニアも少なからずいて、JBLの大型名機を無理やり普通の部屋に押し込めているマニアも昔いましたが、何かそれに似ているものをこの機種のマニア界での扱いに感じます。

これをヤフオクで売ったユーザーはやはりこの機種の後継機的モデルを買っているのかも興味があります。ヤフオク中古相場は40万円以上で、そこから数十万円もの幅があるのも特徴です。

ヤフオク中古取引から相場・平均的な機器状態を読む(落札価格・入札数・落札日時)・2014年
558,000 円 1件 7月4日 小傷はあるかもしれませんが、大きな傷はなく美品になります。
【付属品】サランネット、フェーズプラグ、クリーンクロス、ブラシ、DVDビデオ、取り扱い説明書、保証書(未記入)
401,000 円 92件 7月6日 スピーカーネットの骨組みが一部折れています。それに伴い、写真の箇所はダボが2本ありません。写真を参考にして下さい。ウーハーのエッジは全体的に擦った感じです。

Nautilus802のヤフオク出品

★ヤフオク!でB&Wのオーディオ機器を見る★

Nautilus802を楽天で見る
Nautilus802をamazonで見る


型式 3ウェイ・4スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット 低域用:20cmコーン型×2
中域用:16cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 27Hz~30kHz -6dB
34Hz~22kHz -3dB
出力音圧レベル 91dB/2.83V/1m
公称インピーダンス 8Ω(最低3.0Ω)
クロスオーバー周波数 350Hz、4kHz
推奨パワーアンプ出力 50W~500W(8Ω)
外形寸法 幅385×高さ1,106mm×奥行548mm
:製品データ:B&W:スピーカー:Nautilusシリーズ:PA
重量 70kg

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
B&W CM7 中古も
B&W Nautilus 804 中古も
B&W Nautilus 802 中古も
B&W XT4 XT8中古も
B&W DM601 DM602 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : Nautilus802

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター