McIntosh MA6400 中古も


マッキントッシュのプリメインアンプ 定価:¥480,000(税別)発売1996年 中古対応機器情報・解説

同社コントロールアンプC-712とパワーアンプMC-7100を結合させたような内容のプリメインアンプ 。同社ならではのパワーガード、温度制御回路等の厳重な保護回路の搭載も同様設計。

PHONO1系統(MM)、LINE4系統、TAPE入出力2系統にメインイン1系統、プリ出力、ヘッドホン出力と豊富な入出力。

トーンコントロールにリモコンも装備。なにより、ブルーアイズのパワーメーターを装備。マッキントッシュのアイデンティティーをちゃんと持っています。ただ、メーターは小さめかも。

最近の同社プリメインアンプに比べて、大きすぎず、出力も必要十分程度ですので、比較的手軽に同社プリメインを試したい人に向いているのではないでしょうか?しかも、中古価格も10万円台、機体も古すぎない(70年代のモデルも当たり前に流通しているメーカーですから)のもメリットでしょう。発売当時の国内代理店はエレクトリ。

イコライザーも欲しい、などと思い出すと、もっと高価なモデルを探さないといけないでしょう。また、出力オートフォーマーがないマッキントッシュなんて、などと思い出すと泥沼かもしれず、あえて、こういう気軽な?マッキントッシュを楽しむのも粋かもしれませんね。

最新のシステムに組み込むとすれば、USB-DACのプリ出力をメインインに入れてみるとか、サラウンドではフロント用にパワーアンプのみ使ってみるなどもできるでしょう。

ヤフオクでの実際の取引を見ると、動作に実質的な支障がなくても、外観にダメージが大きいと、落札価格は下がるようです。このメーカーのアンプを使う人はやはり、外観、とくにフロントパネルのきれいさも重要視していることがわかります。たしかに外観を無視して音だけで楽しもうというのは野暮なほどマッキントッシュ愛好家でなくとも外観がきれいだな、と思える機種です。これでエントリーモデルなのですからやはりマッキントッシュは凄い?ヤフオク中古価格は15万円前後です(動作・美品)。

ヤフオク取引から相場・平均的な機器状態を読む
100,000 円 49件 '13年10月27日
アンプとしての動作は問題ありません。難ありとしては、
1、全面ガラスパネルにヒビ有り(写真2枚目参照)
2、フロントバックライトの一部が切れている(写真3枚目参照)
3、ラウドネス、バランス、BASS、TREBLEつまみにガリあり。
4、ラウドネスつまみが偏心している。(新品購入当初から)
となります。付属品は、リモコン、取り扱い説明書です。エレクトリによる正規輸入品です。

MA6400のヤフオク出品

★ヤフオク!でMcIntoshのオーディオ機器を見る★

MA6400を楽天で見る
MA6400をamazonで見る
MA6400をYahoo!ショッピングで見る


実効出力 100W+100W(4Ω)
入力:PHONO、AUX切替:1 LINE:4
計5入力
SN比 91dB
外形寸 445(W)×127(H)×489(D)mm
重量 18.6kg
:製品データ:McIntosh:プリメインアンプ:V

スポンサードリンク


関連記事リスト
McIntosh MA6100 中古も
McIntosh MA5100 中古も
McIntosh MA6400 中古も
McIntosh MC60 中古も
McIntosh C28 中古も

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : MA6400

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター