DYNAUDIO EXCITE X16 中古も

ディナウディオのスピーカー EXCITE X16 定価:180,000(ペア・税別) 発売2008年 中古対応機器情報・解説

それまでのオーディエンスシリーズに代わる、ベーシックモデルラインとして登場した「Excite」シリーズの機種。ステレオ用としてX12、X16、X32、X36という4モデルが同時にリリースされていました。10番台がブックシェルフ、30番台がトールボーイ型。型番の末尾が2のモデルは14.5cm、6のモデルは18cmのウーファーを搭載しています。すべてバスレフ型。

本機は18cmウーハーの2ウェイ・ブックシェルフ機。低域用ドライバー振動板にはDYNAUDIOの独自技術による「MSP(ケイ酸マグネシウム・ポリマー)」を採用。ボイスコイルには超軽量アルミニウムワイヤーを搭載。高域用には精密コート処理を施した27mmソフトドーム・トゥイーターを採用、キャビネットは25mm厚のMDFを用いています。バスレフポートは付属スポンジで塞ぐこともでき、低域の出方を調整することもできます。

PCオーディオとの親和性では、ハイレゾ音源再生で見ると、低音のレンジはサイズのわりには問題なさそうですが、高域の伸びがややスペック上では足りないかもしれません。

サラウンド用としては、このシリーズ自体、サラウンドもはじめから意識しているので、向いています。その場合、本機はフロントの場合、サラウンドにX12を当てるのがバランスが良さそうです。ユニットはX12と同一で、キャビネットの横幅も同じという共通項が多いからです。センター用は「X22 Center」があります。

ただ、このシリーズ共通の特徴として、インピーダンスが4Ω。とくにサラウンドの場合、AVアンプが4Ωドライブに対応しているか確かめる必要があります。2014年モデルのAVアンプから各社4Ωに対応するようになったので、新製品の場合は大丈夫でしょう。

「Excite」シリーズは好評だったようで、2014年にフルモデルチェンジ。今後欲しい人は中古となります。4Ωもやめましたし。ただし、本機の直接の後継機は出ていません。本機の大きさと再生レンジのバランスは高いものがあるので、中古でも欲しい人がいる名機かもしれません。

ヤフオク中古取引から相場・平均的な機器状態を読む(落札価格・入札数・落札日時) 2014年
120,000 円 1件 4月10日 ほとんど使用感が感じられない美品です。もちろんユニット、外観共に目立つ凹みやキズはありません。◆商品説明◆正確な音場表現で知られるデンマーク DYNAUDIO社のブックシェルフスピーカーです。音質だけでなく高品位な外観も定評があります。

EXCITE)(X16のヤフオク出品

★ヤフオク!でスピーカーのオーディオ機器を見る★

EXCITE)(X16を楽天で見る
EXCITE)(X16をamazonで見る


仕様など
型式:2ウェイバスレフ型
ユニット:180mmウーファー、27mmトゥイーター
感度:87dB(2.83V/1m)  インピーダンス:4Ω
周波数特性:40Hz~23kHz(±3dB) クロスオーバー:1.8kHz
外形寸法:205W×350H×290Dmm 質量:9.0kg
:製品情報:DYNAUDIO:スピーカー:ナ

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
QUAD 11L 中古も
Sonus faber MINIMA 中古も
DYNAUDIO EXCITE X16 中古も
Pioneer S-55twin 中古も
HARBETH HLCompact 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : EXCITE)(X16

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター