EXCLUSIVE model3401 中古も


エクスクルーシブのスピーカー 定価:¥350,000(税別・一本) 発売1979年

低域にコーン、中高域と、超高域にホーンを採用した、3ウェイ・3スピーカーのバスレフ型の大型フロア型。

低域にはなんと40cmコーン型ユニットのEL-403を採用。アルニコマグネットによる高性能低歪率磁気回路で駆動。中高域にはドライバーユニットのED-915とホーンEH-351Sを採用。ED-915は、ベリリウム製の超軽量ダイアフラムを用いてますこちらもマグネットはアルニコ。超高域にはホーン型スーパートゥイーターであるET-703を採用。こちらも直径35mmのベリリウムダイアフラムを採用。希土類マグネットによる高磁束密度磁気回路採用。45kHzの高域再生を実現。エンクロージャーはアピトン合板製。マルチアンプにも対応。

なんと、ウーハーにはアルニコマグネット、ホーンユニットには2つともベリリウム、という今日では採用が難しい、しかし、音質的には有利とされる素材が使われているのが大きな特徴でしょう。

メーカーでは「オーディオ機器の存在を忘れ、音楽そのものに陶酔できるスピーカー」と謳っていますが、オーディオ機器の存在感が希薄になりがちな今日では、ますます存在感が高まりそうな機種に思えます。

やはり、十全に鳴らすには、マルチアンプが理想なのでしょう。その場合も、当時はなかった、デジタル・ディバイディングによるチャンネル・ディバイダーを使うと、当時にはできなかった高品位を実現できそう。

今日でもTADで同等品とされる機種も販売はされているようですが、原材料の値上がりなどによってユニットが変わっているらしいようです。ベリリウムユニットの調達の困難さ、という問題があるようです。

スペック的には低音から高音まで申し分なくワイドレンジ。今日最先端のハイレゾ音源の周波数特性も余裕を持って受け止められそうです。やっと本当の実力を示せる世の中になったとさえ言えそうです。これでPCオーディオを聴くマニアがおられたら感想を聞いてみたいくらいです。

また、能率が高いので、あえて小出力の真空管アンプで鳴らすというのも、趣味として面白そう。また、これを5本ないし4本揃えて、サラウンドを楽しむ、というのも、どうせ弩級システムになるのならそこまでしてみるのも。

ヤフオク中古では40万円前後するようです。

ヤフオク取引から相場・平均的な機器状態を読む
370,900 円 47件 13年12月27日  [動作]音だし:正常 シビアなセッティングでの使用の場合は調整が必要な商品になります。

model3401のヤフオク出品

★ヤフオク!でEXCLUSIVEのオーディオ機器を見る★

model3401を楽天で見る
model3401をamazonで見る


model3401・仕様・スペックなど
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式
使用ユニット 低域用:40cmコーン型(EL-403)
中高域用:ホーン型(ED-915+EH-351S)
超高域用:ホーン型(ET-703)
再生周波数帯域 30Hz~45kHz
出力音圧レベル 97dB/W/m
インピーダンス 8Ω
最大入力 300W
クロスオーバー周波数 900Hz、7kHz
外形寸法 幅622×高さ837×奥行567mm
重量 71kg
:製品データ:EXCLUSIVE:スピーカー

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
EXCLUSIVE C5 中古も
EXCLUSIVE P3 中古も
EXCLUSIVE M4 中古も
EXCLUSIVE C3a 中古も
EXCLUSIVE model3401 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : model3401

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター