Accuphase E-306V 中古も

アキュフェーズのプリメインアンプ 定価¥280,000(税別) 発売1997年 中古対応機器情報・解説

従来機E-306をモデルチェンジした同社中級プリメイン。

カレント・フィードバック増幅回路を全信号系に採用。大出力バイポーラ・パワートランジスタを採用したパラレル・プッシュプル構成。電源部は約500VAのEI型大型トランス。大型ピーク・パワーメーターを搭載し、高級感もあります。これでシーリングパネルならさらに高級感があったのですが。

プリ・メイン独立使用可能、バランス入力2系統、スピーカー2系統。リモコンもあり、と機能は豊富。また、E-306にはなかったトーンコントロールも装備し、さらに便利に。

一方で、E-306では標準装備だった、フォノ入力は標準ではなしに。ただし、あらたにオプションボードスロットを搭載。アナログ・ディスク入力ボード AD-10(\50,000)を装備することで、フォノMM/MCに対応可能。また、ライン入力ボード Line-10(\8,000)でライン入力の増設も可能。

気をつけたいのは、比較的最近の機種なら使えるデジタル入力ボードには対応しません。ライン入力とフォノ入力の増設にのみ対応となります。この機種でフォノも聴きたいなら初めからオプションが装着されたものを買ったほうがよさそうです。

ヤフオク中古価格はだいたい安定していて、17万円前後のようです。フォノボードの有無でもいくらか上下します。

残念なのはデジタル入力ボードに非対応なこと。これが対応していれば、今日のシステムにも、より合理的に組み込めたのですが。総じて、従来型のピュア・オーディオシステムに向いた機種のような気がします。見た目の高級感をさらに追求するなら、シーリングパネルつきのモデルをお探しください。

なお、今日のPCオーディオシステムに組み込むなら、USB-DAC機器/ネットワークプレーヤーとアナログ接続すればいいでしょう。その場合は、ヘッドホン端子のない機種でも、本機をつなげばヘッドホンも使えるようになります。

ホームシアター/サラウンドとの共存は、AVアンプのプリアウトを本機のメインインにいれることで実現できます。

ヤフオク取引から相場・平均的な機器状態を読む
172,000 円 1件 14年11月24日 フロントパネルに2箇所ライン傷がある以外は全体的に綺麗な状態です。
美品のほうにはいると思います。出品するまで使っていたので動作は問題ありません。
メーターパネル他のスイッチ類のランプは全て点灯します。

E-306Vのヤフオク出品

★ヤフオク!でAccuphaseのオーディオ機器を見る★

E-306Vを楽天で見る
E-306Vをamazonで見る


E-306V・仕様・スペックなど
出力(両ch動作、20Hz~20kHz)
140W/ch(4Ω) 120W/ch(6Ω) 100W/ch(8Ω)
入力:アンバランス(RCA)7系統、バランス(XLR)2系統
SP端子:2系統
消費電力 240W(電気用品取締法)
最大外形寸法 幅475×高さ170×奥行418mm
重量 20.5kg
http://www.accuphase.co.jp/history.html
:製品データAccuphase:プリメインアンプ:プリout:メインin:ナ



メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
Accuphase E-303X 中古も
Accuphase E-405 中古も
Accuphase E-306V 中古も
Accuphase DP-70 中古も
Accuphase DP-80 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : E-306V

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター