SONY MAP-S1

MAP-S1_P.jpg
オーディオ機器紹介。ソニーは、2.8MHz DSDネイティブ再生と、192kHz/32bitまでのハイレゾ再生に対応するUSB-DAC/ネットワークプレーヤー内蔵オーディオシステム「MAP-S1」を4月19日より発売。オープン価格で実売7万円程度とのこと。
DSDおよびハイレゾ再生に注力しているソニーから、またも比較的手ごろな価格帯に新製品。先行するDSD対応機、HAP-S1はHDDプレーヤー、UDA-1はUSB-DAC兼アンプでしたが、今回はCDドライブを積んだネットワークプレーヤー/USB-DAC内蔵プリメインアンプときました。

MAP-S1は、USBメモリーやパソコン、ウォークマンのハイレゾ音源再生にも対応するほか、DLNAやAirPlayNFCにも対応。また、BluetoothはAACとApt-Xにも対応。iPhone等とのデジタル接続にも対応、インターネットラジオにも対応、と現在PCオーディオ機器に求められる機能、スペックはあらかた搭載。ただ、DSDはネィティブ再生対応ながらも2.8MHzまで。PCMは192kHz/32bitまでのハイスペック。

PC用のソフトとしては、ソニーが無料提供しているソフト「Hi-Res Audio Player」で、DSD音源の再生にも対応。また、音楽ファイル管理ソフト「Media Go」もハイレゾ対応にアップデート。ハイレゾ音源のメディアサーバー機能を実装し、Media Goに保存されているハイレゾコンテンツをネットワーク経由で再生できるようになるとしています。

アンプも内蔵。フルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載。実用最大出力は50W+50W。

CDや圧縮音源などの非ハイレゾ音源も最大192kHz/24bit相当までアップスケーリングする「DSEE HX」も搭載。

と、まあ、これまで発売した機種のノウハウも含めて、全部入りといっていいような充実装備で、この価格。とくにマニアでない人にも十分アピールできるように思います。

ただ、マニアックに見てみると、光音声入力端子やサブウーハープリアウトがない、アナログ入力も1つだけ、スピーカーも1組しかつなげない、といった点が気になります。そういう点ではたとえば、マランツのM-CR610に分がありますが、それでもこの多機能性は魅力で、一般的にはささいな問題でしょう。ブルーレイやレコーダーの音声をデジタルで入れたい人には残念ですが…。

また、気になったのはアンプの方式。ソニーの単品コンポのアンプは安価なものでも一時期こだわっていたD級アンプをやめて、A/AB級に戻っていたのが、今回また突如としてD級を導入。これは今後のソニーのアンプの方向性をどう暗示しているのか気になります。個人的にはD級アンプにも可能性を感じているので、本機意外にも単体のS-Master HX搭載機も期待したいところです。ところで、S-Master HXアンプはフルデジタル(たしかPCMからダイレクトにPWM変換)なので、そこの部分では「USB-DAC」という書き方はなんだか変(DACは介在しない)。まあ、ヘッドホン出力用にはDACはあるはずですが…。

「DSEE HX」はおそらく、アンプ部がすべて192kHz/24bitで信号を受ける仕様ゆえに搭載されているのでしょう。すると、DSDも一旦PCM変換でしょう。従来はそこが気になるマニア向けにD級を避けていたのかもしれませんが、音質上は問題ないということでの今回のS-Master HX搭載でしょうね。

しかし、CDもついた全部入りをこの価格で出してきましたか…。USB/ネットワーク/ウォークマン/iOS/をデジタルで聴けて、DSDにも対応。他社もまた大変でしょう。

なお、このMAP-S1は、センターユニット単体として発売されますが、組み合わせ想定の推奨スピーカーも同時発売。SS-HW1がそれ。広指向性のWD(Wide Dispersion)スーパートゥイーターとウッドキャビネットを採用しやマルチウェイのブックシェルフ型。6万円前後での実売が予想。

すでに発売中で、UDA-1などとの推奨機「SS-HA1」のバリエーションモデルのような感じで、キャビネットの素材をアルミニウムからウッドキャビネットへと変え、デザインなども変更したモデルと言えそう。

未来志向といえそうなSS-HA1とはうって変わって、SS-HW1はオーソドックスな見た目。しかもソニーには似合わない?ような高級感すら漂っています。SS-HA1は受けが悪かったから変えたのかな?まあ、単品ですから選択肢が増えたというように良く捉えたいです。

このように、両機で完結したシステム システムコンポ、ミニコンポといっていいような外見 を組むことができ、しかもなぜか先行する機種よりもコンセプトを一般向けに振ったように思えますが、十全に使いこなせれば、十分にマニアレベルのPCオーディオ機器として運用できそうです(使えない機能はよく認識したうえで)。そういう意味ではうまく家電店のミニコンポに偽装した?高性能コンポと言えるかもしれません。

MAP-S1・仕様など
実用最大出力:50W+50W
入出力端子:USB入力×1、RCA入出力×各1、ヘッドホン出力×1
消費電力:約60W(待機時約0.5W)
:製品データ:SONY:ミニコンポ:DSD対応:DSD64対応:
外形寸法:約251W×115H×290Dmm(突起部含まず) 質量:約5.6kg

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
SONY CDP-MS1 中古も
SONY CDP-553ESD 中古も
SONY MAP-S1
SONY SS-AL3 中古も
SONY SCD-XE800

★SONY MAP-S1を楽天で見る★
SONY MAP-S1のヤフオクでの出品
★ヤフオクでSONYのオーディオ機器を見る★

スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター