エリアフ・インバルさん、東京都交響楽団の桂冠指揮者に就任

東京都交響楽団は、エリアフ・インバルさんが2014年3月末をもってプリンシパル・コンダクターを退任し、2014年4月から桂冠指揮者に就任することを発表しました。
インバルさんは、1995~2000年の都響の特別客演指揮者を経て、2008年からはプリンシパル・コンダクターを務め、その間に、得意のマーラーはもちろん、2012年3月のショスタコーヴィチ《交響曲第4番》の演奏とライヴCDが高い評価を得るなど、常に注目されるコンビだったと言えるでしょう。

今回の桂冠指揮者就任は、インバルの都響における多大な功績を称えるとともに、今後も定期的な共演を継続するためのもの、ということで、演奏・録音途上にある、ブルックナーの交響曲の演奏の継続などが期待されます。

インバルさんの録音はとくにマーラーにおいて、優秀録音として知られてきましたが、ブルックナーの旧録音は使用楽譜に凝った姿勢は素晴らしかったのですが、録音がいまいちだっただけに、最新の再録音で優秀録音を作られることも期待します。

次のリリースは、ブルックナー・シリーズ Vol.6、ブルックナー:交響曲第9番ニ短調 WAB.109(ノヴァーク版)です。

:ニュース:Inbal:エリアフ・インバル:

スポンサードリンク


関連記事リスト
沼尻竜典さんが初のオペラ作曲『竹取物語』
ベーゼンドルファー・インペリアルをモチーフにしたサスペンス映画
エリアフ・インバルさん、東京都交響楽団の桂冠指揮者に就任
ディズニー/ピクサー映画音楽をフルオーケストラで 「ピクサー・イン・コンサート」開催
あのプレイエルがピアノ生産から撤退

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コンサートを聞きに東京まで行くか、とも思いますが、根性が足りません。
今年は、シューベルトのミサ曲を生で聞く機会があり、よかったです。

No title

私も東京は無理でも、近場の演奏会はなんとかこなそう?と思っています。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター