SANSUI AU-X111MOS VINTAGE 中古も


サンスイのプリメインアンプ 定価:¥330,000(税別) 発売1985年 中古対応機器情報・解説 名機紹介

パワー素子にはサンスイ初のMOS FETを採用した高級プリメイン。パラレル・プッシュプルで各4個ずつ、合計16個使用。また、回路構成はバランス構成を採用。

高級機らしく、強力電源部に、カスタムメイドなどの高級パーツを投入。左右モノラルコンストラクションも採用。

パワーアンプとしての使用を強く意識していて、左右独立の専用ボリュームを搭載するだけでなく、パワー単独使用時は、プリ部やコントロール部の動作は全てシャットオフされるという徹底ぶり。しかも、パワーインだけで3系統。バランス入力もパワーインだけに装備。外観の雰囲気はさすがに、時代を感じさせる部分もあります。

サンスイによるMOS FETアンプの歴史の初めの一歩という重要な機種。単にサンスイ高級プリメインのひとつ、という以上の意味があるようです。なお、1111は型番的には111の後継機ですが、内容はかなり違うようです。デザインも。

中古でも状態によっては10万円前後まだするようです。メンテ済みの個体もまだまだあるようです。業界全体で大事に使い続けている、そんな印象もあります。

メインインにこだわっているので、MOS-FETのパワーアンプとして使ってあげるのがいいのでしょうか?その場合、どんなプリがいいのかなども新たな悩みに?プリ機能つきのUSB-DACとつなぐなども面白そうです。

サンスイのMOSのプリメインは全体に人気・評価も高く、中古でも結構高めになりやすいですが、第一号ゆえに一番古くなっている本機ならば、あるいは多少、買いやすい価格になっているのかもしれません。

ヤフオク中古取引から相場・平均的な機器状態を読む(落札価格・入札数・落札日時)
81,001 円 55 13年10月12日 こちらの商品は買取品になり、買取の際に動作は問題ないとの事でしたが、当店で音出し等のテスト等は行っておりませんので、問題なく作動するとは思いますが、ジャンク品としての出品となります
84,888 円 7 13年9月14日 フロントパネルに気泡があります(画像2)
あまり使用していないLINE、TAPEなどのセレクター(押しボタン)が少し固くなっています
CD、Phono、TUNERなどは問題ありません基本動作は良好で良い音です 外観が残念です

AU-X111)(MOSのヤフオク出品

★ヤフオク!でSANSUIのオーディオ機器を見る★

AU-X111)(MOSを楽天で見る
AU-X111)(MOSをamazonで見る


おもな仕様・スペックなど
実効出力(10Hz~20kHz、両ch動作)
150W+150W(6Ω)
110W+110W(8Ω)
SN比(Aネットワーク)
Phono MM:88dB以上
Tuner、CD、Tape Play1、2、3、Line1、2:110dB以上
サブソニック・フィルター 16Hz(-3dB、6dB/oct)
プレゼンス(Volume -40dB) +2dB(200Hz)
オーディオ・ミューティング -20dB
定格消費電力(電気用品取締法) 350W
外形寸法 幅450×高さ176×奥行486mm
重量 32.1kg
:製品データ:SANSUI:プリメインアンプ:メインin:V

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
SANSUI AU-D607X Decade 中古も
SANSUI AU-α507XR 中古も
SANSUI AU-α907i MOS Limited 中古も
SANSUI AU-X111MOS VINTAGE 中古も
SANSUI AU-D907X 中古も
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : AU-X111)(MOS

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター