DigiFi No.10 付録USB-DAC/ヘッドホンアンプつき を買いました

話題の付録つきオーディオ誌を買いました。DigiFi No.10 付録USB-DAC/ヘッドホンアンプつきです。

このところ、ステレオ誌と、ステレオサウンド別冊のデジファイの2冊が競うようにオーディオ機器の付録!を付けるようになっています。

毎回は買っていませんが、気になるものは買っています。

今回はDigiFi No.10 付録USB-DAC/ヘッドホンアンプつき。

デジファイの前回の付録、USB専用デジタルプリメインアンプは予想外の品位で驚いたこともあり、今回も期待して購入。

前回付録同様、設計はOlasonic。対応ビット・サンプリングは16/48まで。

さて、PCとつないでヘッドホンで聴いてみます。うわさどおり?どうも残留ノイズ?があります。ノートPCのヘッドホン端子にもないのに、これはどうしたことか…。

まあ、そんな気になるほどのノイズでもないので、音に集中。音自体は、価格(2000円相当?)と考えれば驚くほど情報量が多く、パワーも取れるので、実用上は大変便利で役に立つものと思います。本体にボリュームがあるのも楽。

ただ、クラシックを聴いた限りでは、情報量を聴かせる意識のためなのか、音作りがメリハリ調で、やや聴き疲れしそうな印象。しかし音の小さい部分の少なく、電子楽器を多用したような音楽などには合うのかもしれません。

なお、この機種はヘッドホンアンプだけでなく、ライン出力もあり、USB-DACとしても使えます。邪道ですが、このRCA端子に変換プラグでヘッドホンにつなぐと、ノイズは全くなくなり、音もより自然に感じましたが、本来の使い方ではないので、まずいかもしれません。アクティブスピーカーなどにつなぐのが本来でしょう。

総じて、PCからCDクオリティの音楽を少ない出費で少しでもいい音で聴こうという人には、じゅうぶんな品位だとは思いました。



メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
DigiFi No.10 付録USB-DAC/ヘッドホンアンプつき を買いました
Gaudio 2013年 01月号を買いました。
AUDIO BASIC Vol.64 2012年 10月号を買いました
DigiFi No.7を買いました。OlasonicのUSB−DACデジタルパワーアンプつき!
雑誌の付録競争が過熱していますが。
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

90%はこれで満足できるのでしょうね。のこりの10%の音質向上のために、これの100倍の投資をする、という構図。
それにしても、家でもヘッドホンがメイン、という人は、結構、多くいるのかな。

No title

ヘッドホンメインの人が今は多いようです。それがいいのか悪いのかなんとも言えませんが、誤った使い方による聴力への悪影響のあるものなのは気をつけたいですね。

90パーセントが満足できる機器の価格が下落(数千円!)している現状も気になります…。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター