春のヘッドフォン祭 2013が開催

5月11日(土)にスタジアムプレイス青山にて開催された、恒例オーディオ展示イベント「春のヘッドフォン祭 2013」。

メーカーでも業界団体でもなく、一オーディオショップ、それもヘッドホン中心のフジヤエービックが主催、という形態にも関わらず、多くのメーカーが参加し、非常に多くの製品、それも新製品の展示やデモが行われました。

ここで日本初披露、というものも多く、このイベントの業界内のステータスの高さも印象付けます。
基本的にはイヤホン、ヘッドホン中心ではありますが、実際にはPCオーディオ、デスクトップオーディオも範囲になり、いわば現在のオーディオ界の最新状況を反映した内容にもなるもので、ヘッドホンに興味がなくてもチェックすべきものに思います。

オーディオ専門サイトのレポートをざっと並べてみます。



ハイレゾ、DSD再生、ネットワークプレーヤーといった、いまオーディオ界全体で旬となっている内容も見受けられます。

高額なネットワークオーディオプレーヤーも安価なイヤホンに混じって展示されているところにこのイベントの総合性を感じます。

個人的にはスピーカーで好調な英国の名門スピーカーブランド・KEFがついにヘッドホンに参入したことが気になりました。

もう来年には去年の展示内容を思い出せないようなスピードで業界が変化しているようにも思いました。

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
ボーズ創業者、アマー・G・ボーズ博士が死去
Gaudio 休刊
春のヘッドフォン祭 2013が開催
米ギブソン、ティアックを買収
アベノミクスの影響 海外オーディオメーカー続々値上げ!
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

1年が経ち、イヤホン、ヘッドホンとその周辺は、どのように進展したのでしょうね。
人の感情にストレートに訴えかける音を鳴らすイヤホンが広まれば、音楽にじーんときてる人を町中で見かけることになりますね。

No title

今号で休刊になってしまったGAUDIO(元FMfan別冊)のヘッドホン評論家・佐藤良平氏の記事にははっとさせられました。

今のイヤホン、ヘッドホンの過度なほどの開発競争や高性能化志向を否定的にとらえたものだったからです。

氏はとくにイヤホンの過剰さへの苦言を呈し、外でイヤホンで聴くならあまりクオリティこだわらず、家で(ヘッドホンででも)聴けばいい、という論調でした。

なるほど、とも思いましたが、せっかくのブームに水を差すべきでもないのでしょうか…。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター