上海問屋 DN-84480

最近はブルーレイレコーダーなどを中心に音声出力がHDMIのみ、という機器が増えて、それでは都合が悪く、買うのを躊躇するほどでした。

しかし、そんな人に、上海問屋からHDMIサウンド分離機「DN-84480」というのが発売。

HDMIら音声を分離、光デジタル出力とアナログRCA出力に分配。これで悩みがなくなります。
たとえば、パナソニックの比較的廉価で人気の高い最新機種のブルーレイレコーダー。2台目あたりにいいかな?と思ったらデジタル音声出力はHDMI端子のみ。

これでは旧型のS/PDIF入力のAVアンプや、単体DACなどに繋げません。それらにつないで使いたいだけに悩みます。

旧世代の中古ブルーレイレコーダーなら光デジタル出力端子はあるのですが、今度は機能が古くなり、それも都合が悪い…。

だからといって、光デジタル端子のある現行機は上位機で価格が高い。それでいて端子以外の違いは個人的には必要ないものなので、この端子のためだけに上位を買うのも…。

そんなところに、このHDMIサウンド分離機。これがあればHDMIしかない機種でも光デジタル端子に変換可能。しかもHDMIスルー出力もあるので、HDMI接続できなくなる心配もなし。

オーディオマニア的にはこういう変換機が通ることによる音質変化・劣化が気になる向きもあるでしょうが、便利は便利ですので、目くじら立てずに使ってみる、試してみるのもいいと思いました。

1080p(1920×1080)のフルハイビジョン映像から480iま での解像度に対応、HDCPもサポート、ということで画質的なスペックは問題ないようです。

ただ、デジタル音声の対応スペックはメーカーページにもなく、ハイビット・ハイサンプリングに対応しているかは不明。もし、対応していればPCのHDMI出力からハイレゾデジタル出力する安価な変換機としても使えますが…。

いずれにしてもマニアックな用途を突いた製品でしょう。

【製品仕様】
サイズ 横 84.5mm×縦 61.8mm×高 21mm
重量 132g
HDMI規格 Ver1.3
最大解像度 1080p (1920×1080)
最大最大データレート 6.75Gbps 12bitディープカラーに対応
付属品 ACアダプタ(DC5V 1A)、英語説明書


スポンサードリンク


関連記事リスト
Luxury & precision L3
上海問屋 DN-84480

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはユーザー側に立った商品ですね。
古い企画と新しい企画、慣れ親しんだ古いほうがよいのか、あるいは、新しいほうに新調したらよいのか、考えどころですね。
…と言いながら、私は光アウトのある2010年型のパナソニックのテレビにしてます。

No title

上海問屋はいつもマニアックなニーズを突いた製品を出してくるので、製品情報は見逃せません。

そのうちテレビからも光デジタルアウトもなくなってしまうのでしょうか…。

どんどんSPDIF出力がなくなっていく傾向ですが、そのほうがメーカーには都合がいいのでしょうか?個人的には困りますね。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター