世界最大の家電見本市『CES』が開催 オーディオ関連も

世界最大の家電見本市、2013 International CESが、米ラスベガスで1月8日から11日まで開催されました。

家電全般の見本市ということですが、オーディオ・ビジュアル関連も当然あります。

どうしても、オーディオ・ビジュアルといってもテレビなどのビジュアル関連中心に話題が向いていってしまっているようです。それももっぱら4Kと呼ばれる次世代高精細テレビに。

それでも、オーディオ情報サイトではピュアオーディオを多数含むオーディオ関連の展示を紹介。

日本のメーカーも大手だけでなく、国内ガレージメーカークラスまで参加し、趣味性の強いオーディオ機器などを展示していたようです。

ピュアオーディオ大手ではアキュフェーズ、国内家電系ではオンキヨー。パイオニア、JVCケンウッドなど。

アキュフェーズは国内発表済みの機器を国外披露するようで、特に新製品などなし。

オンキヨーはピュアやPCオーディオでの新製品ではなく、ヘッドホン系の新製品。それも同社ではおそらく初となるイヤホンも発表。ついにオンキヨーまでもがイヤホン市場に入ってきました。国内ガレージ系のフルテックからもヘッドホン登場。

海外オーディオメーカーも、ニューフォースがヘッドホンを発表するなどやはりヘッドホンに力が入っているようです。

ヘッドホンに力が入っている例としてはさらに、シアター向けサラウンドで有名なDTS社はヘッドホンのバーチャル11.1ch再生機能の「DTS Headphone:X」デモ発表していたところにも表れています。

とはいえ、マークレビンソンが新フラグシッププリアンプを発表したりとピュアオーディオにも小さくはない動きがあったようです。

個人的にはあのWadiaから登場する、DSDネイティブ再生対応の完結型システム「INTUITION01」が今のオーディオ界を象徴すると思ったとともに、興味を惹かれました。

最大384kHz/32bitのPCM入力に対応するほか、USBを経由してDSDのネイティブ再生も実現できるDACが搭載。Wadia独自のアルゴルズムによる1.536MHzアップサンプリングというらしい装備も。さらに1chあたり350Wの高出力が可能なDクラスアンプも完備、外観に関してはイタリアで新たにデザインということで、SFの小道具のような見かけも大変印象的。あとは現実問題としての価格ですが、ファイル・ウェブの記事には価格はなし…。

他にもまだまだあるので、ファイル・ウェブの一覧からどうぞ。



ファイル・ウェブのCES2013関連記事一覧
http://www.phileweb.com/topic/?2013%20International%20CES

スポンサードリンク


関連記事リスト
ソニー、MD対応録再機の歴史に幕
ソニー「Music Unlimited」がAAC/320kbpsの高音質モード配信開始
世界最大の家電見本市『CES』が開催 オーディオ関連も
e-onkyo music、ユニバーサル ミュージックのハイレゾ音源配信を開始
ネットワークオーディオプレーヤー機能搭載ミニコンポ発売が相次ぎます

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新製品は華やかで、そしてぜいたくですね。
しかし、オーディオにどう投資するかは悩んでしまいます。

No title

そう、オーディオに投資するのか、音楽ソフトに投資するのか、それ以外に投資するのか?悩みはつきないですよね。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター