Pioneer A-70などUSB-DAC機能搭載プリメインアンプ

パイオニア(株)は、プリメインアンプ「A-70」(税込177,000円)と「A-50」(税込94,000円)を2012年10月中旬より発売すると発表しました。

上位のA-70はUSB-DAC機能を搭載していることが大きな特徴。

すでに下位機種からモデルチェンジが始まっていたので、予想されたものでもあります。

まず外見から気がつくことは、ここ数年続けていた薄型でスタイリッシュなデザインはやめて、一般的なコンポのデザインに戻っています。

いろいろ考えたうえでのことでしょうが、またこれでパイオニアのアンプなのかどうかもわからない、どこも似たようなデザインになってしまったようにも思えます。

機能的には予想どおりUSB-DAC機能を搭載。これはすでに先代にもあり、そのころは画期的でしたが、いまやどこでも搭載。

それだけに内容は強化し、ESS社のDACを採用し、192kHz/32bitまでの入力信号に対応。またアシンクロナス伝送にも対応、また、同軸入力もあらたに装備し、DACとしても使えるようにしました。先代A-A9MK2ではUSBのみの入力で48/16対応のみとおまけ程度だっただけに大幅向上。光入力がないようですが、なぜでしょう?

なにより今回のモデルチェンジでの大きな違いは、同社のAVアンプにも使われている「ダイレクトパワーFET」を採用した新開発のクラスDアンプを搭載したこと。いわゆるデジタルアンプとおおざっぱに言われているものです。パイオニアはAVアンプでは使い続けていましたが、ピュアオーディオアンプへの搭載はこれが始めて。

そういう意味では新たな一歩と言えそうです。

全体的に似たようなアンプはオンキヨーにあり、ライバルにもなりそう。オンキヨーはデジタルアンプからアナログアンプに戻したのは対照的。

ソニーの数年前のデジタルアンプのESモデルがDAC入力もあり、価格的にも近いものでした。改めてソニーも名乗りを上げるかも注目です。

実際のところ、同様の機能は各社中級AVアンプに積まれていて、ステレオアンプに転用も可能ですが、ホームシアター用のマルチチャンネルを構築しない人には余ったアンプが無駄になること、また純粋に音を追求できるとあって、ステレオ専用機として登場しているのでしょう。ただ、ステレオ専用アンプを買う人は少数派のようで製造コスト的に不利でしょうし、AVアンプは製品サイクルも早く、価格もすぐ下がるだけにAVアンプが不利だとばかり言えないかもしれません。

これでA-A9MK2などが旧機種に。あの薄型スタイリッシュなデザインが好きだった人は今が最後のチャンスとなります。



Pioneer・A-70のヤフオク出品

★ヤフオク!で・アンプのオーディオ機器を見る★

Pioneer・A-70を楽天で見る
Pioneer・A-70をamazonで見る


A-70仕様・スペックなど 発売2012年10月中旬
価格¥177,000(税込)
●定格出力:90 W+90 W(20 Hz - 20 kHz、THD 0.5 % 、4 Ω)65 W+65 W(20 Hz - 20 kHz、THD 0.5 % 、8 Ω)
●入力端子:PHONO(MM/MC)、SACD/CD、TUNER、RECORDER、NETWORK、POWER AMP DIRECT、同軸デジタル2系統、USB-type B
●消費電力:74W
●外形寸法:435W×141.5H×361.5Dmm ●質量:18.2kg

http://www.phileweb.com/news/audio/201209/11/12466.html

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
SONY TA-A1ES
TEAC AX-501
Pioneer A-70などUSB-DAC機能搭載プリメインアンプ
ONKYO TX-NR818など新AVアンプにデジタルチャンネルデバイダー機能
パイオニア プリメインアンプ「A-30」「A-10」
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : Pioneer・A-70

コメントの投稿

非公開コメント

No title

DACなどプレーヤー系の複数所有は、耳のリフレッシュ、同じ音に慣れきった耳を元にもどすのによいかも知れません。
あと、ピュアオーディオはどうしても複雑な構成になりやすいですが、複雑な構成とシンプルな構成をこのアンプなら両立できそうです。たまにはシンプルな操作でさっと聞きたいものですが、そういうときによいかなと。

No title

再生系機器を複数所有して楽しむのには最近のPCオーディオブームによるDACの乱立?は追い風ですね。

PCと直結すれば済むという簡単さはシンプル志向にはいいですよね。一方、最近の、とくにビジュアル系機器のネット対応機の多機能ぶりは行き過ぎているのかもしれません。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター