橋下大阪市長のクラシック音楽関連政策が世間を賑わわせています

なにかと話題の橋下徹大阪市長。維新を掲げているだけあって、既存のもので、ムダだと思うものには容赦ないようです。もちろんその矛先はクラシック音楽関連の政策にも。
公で予算が出たり、補助が出ているもののなかには、クラシック音楽関連のものもあるわけです。文化・教育事業、芸術振興の一環で。

一方で、そういうところに役人だの公務員だのが存在・介在するわけで、場合によっては、利権の温床とまではいかずとも、親方日の丸体質的なぬるま湯への安住が起きることがある、などとは指摘され尽くした感もありますが。

そうしたところに、橋下市長は、年4億円の税金を使っている、大阪市音楽団に対して、「廃止。自立して営業活動を」という内容の政策を打ち出し、議論の的となっています。

これ以外にも、大阪フィルハーモニー交響楽団(大フィル)への年1億1000万円の補助金の削減を示唆するなど、大阪のクラシック音楽関連予算は軒並み厳しい情勢になりそう(1億円の補助金は、年間運営費の約1割にあたる)。

すでに、橋下市長は府知事時代、府から大フィルへの約6000万円の補助金をカット。また、府が年4億円の補助金を出していた大阪センチュリー交響楽団への補助も全廃し、楽団は「府から独立」する形で2012年4月から日本センチュリー交響楽団に生まれ変わって(変わらされて)います。

橋本市長は文化も芸術も解しない無粋者だ!という怒りの声を上げる人もいますが、彼は別に文化も芸術もむやみに敵視しているのではないようで、クラシック交響楽団に1億円の賞金を競わせる――こんなコンクールを大阪で開けば面白いのではないか、と橋下市長自らがアイデアを出すなど、ある意味、クラシックだろうがなんだろうが、結果が出せるなら、もっと言えば世の中に必要とされているなら、どうぞいくらでもがんばってください、といったところでしょうか?

補助金だのみでないと存続できないようなクラシック音楽団体は、芸術だから、教育だからと、自らを聖域化せず、世間一般の経済原理に従うべきだということでしょう。

反論の余地もありそうですが、現在の日本の国家の財政状況では仕方ない気もします。

ですから、こうしたクラシック音楽団体を救うには、多くの人がクラシック音楽に親しむ必要がどうしてもあります。民営化しても人気があって、儲かる構造にするのです。要はコンサートに人がたくさん来て、CDなども売れることです。

そういう意味ではこれから行われる「ラ・フォル・ジュルネ・ジャパン」などは、クラシック音楽のビジネスモデルとしてとても参考になりそう。

日本のクラシック音楽業界の未来は?橋本市長は良いにしろ悪いにしろ、それを早く見せてくれるのかもしれません。

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウさんが亡くなられました。
第14回別府アルゲリッチ音楽祭が開催中
橋下大阪市長のクラシック音楽関連政策が世間を賑わわせています
ネット上でのメディアのOEM供給にクラシック音楽?
プレミアムシアターの放送時間が変わります(さらに追いやられます)!
スポンサードリンク

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オーケストラとスポンサー、芸術とパトロンの関係も、新たな時代に突入するのでしょうか。
今度アマ・オーケストラの演奏会に行きます。レベルは決して低くありません。昔のことを知っているわけではありませんが、そんな時代だとも実感します。

No title

私の住んでいるところも田舎ではありますが、地元のアマオケ演奏会もいつもあるし、レベルもやっぱり生演奏はいいなあ、と十分思えるものです。

地元出身者のプロ演奏家のコンサートだってよくあります。

よく考えて見ると、どうやら地元の資産家の方がこれらのスポンサーをしているようです。なにせコンサート会場がその資産家の所有する建物のことがありますし。その資産家は最近、週刊誌の日本の富豪特集?の取材も受けていて、文化遺産の維持に対する富豪の社会的役割について語っていました。

パトロンができる資産家はまだ日本にもいるようです。それが前時代的だとしても、一般市民が全部を引き受けるだけでなく、それもあっていいのではとも思います。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター