BSプレミアムの割り当てスロットが?

前々回の記事で、BS放送の再編によりBSプレミアムの放送データが減ったのではないか?という話題に触れましたが、たしかに減っていました。
きっかけは本屋で読んだテレビ雑誌。べつにオーディオ・ビジュアル専門誌でもなく、普通のテレビ誌でしたが、そこに気になる記事が。

BS放送の再編に伴う、各放送局へのデジタルデータの伝送割り当て表がそこに載っていたのです。

よくブルーレイレコーダーのカタログなどに、「BS放送のデータ量は24Mbps、地上デジタルは17Mbps」と書いてあります。ブルーレイの録画時間にも関わる重要な情報なので、別にマニアでなくても今では多くの人が知っていることです。

それで私も単純にNHK-BS放送も1もプレミアムも24なのだろうと思っていたら、表にはBSプレミアム「21.5」の数字が!

実際にはこれはMbps単位ではなく、放送局・チャンネルごとに割り当てられる情報量のことで、「スロット」という呼び方をされていますが、そのままMbpsとして読み替えできる数字。

ほかのBS-1や民放BSはちゃんと「24」なのになんで…。

よく見てみると、BSデジタル放送を行っている全てのチャンネルでみんなが「24」なのではなく、スターチャンネルのようになんと「18」「15」のチャンネルも。

雑誌の説明によるとBS放送のスロット割り当てはまちまちの部分もあり、13以上あればハイビジョン放送はできる、ともありました。

しかし、だからといってなんで天下のNHKが21・5なのでしょう。しかもより画像・音声クオリティを要求するプレミアムのほうで(BS1が24を取ったのは野球中継で2チャンネルになることがあるので、そのためでしょうね)。これはおそらく画質面でわずかながらももしかしたら高品位システムレベルで差が出るかもしれないです。音データは桁が違うので多分切り下げてないとは思いますが。

調べてみるとBS-ハイのときは24の割り当てでした。

たぶん簡単ではない事情があるのでしょうけど、高画質・高音質を売りにするBS放送で、受信料も取る親分格のNHKがこれでいいのでしょうか?

また、テレビショッピングばかりの民放BSが軒並み24スロットの割り当てなのはいかがなものでしょう。

このブログのメインテーマには関係ありませんが、スターチャンネルのデータ量もビジュアルファンには痛いのではないでしょうか?「15」だとさすがにDR録画してもなにか気づきそう…。

BS放送のチャンネル面での再編だけでなく、スロット割り当ての再編も望みますが難しいのでしょうね…。

こちらに個人の方による解説記事がありました。http://hyperwalker.blog71.fc2.com/blog-entry-105.html

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
Stereo_ONE!
ドイツ・グラモフォン・ザ・ベスト1000が販売終了だそうです
BSプレミアムの割り当てスロットが?
そういえばBS放送の再編で音質は?
SANYO eneloop pro
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター