AVアンプの新フォーマットが?

今年もAVアンプのモデルチェンジが行われます。

国内メーカーではオンキヨーが先頭を切って、TX-NA5009などを登場させました。

他のメーカーはまだですが、海外の展示会・IFAにおいて、各社が今年の機種を続々発表したので、もう内容はわかります。

昨年はPCオーディオ、ネットオーディオへの対応でこの業界は沸きました。

さて、今年はというと、サラウンドの新フォーマットでした。

DTS Neo:Xというもの。

正直、また新フォーマットか、という感じです。しかもこのフォーマットはまた新たにチャンネルを要求するタイプ。なんと11.1ch対応だとか。そこまででなくとも9.1chにはなるようで、そのため、今期のAVアンプは中級機以上では9チャンネル分のアンプを積むのが普通のようです。

あまりホームシアター愛好家よりではないからわからないのかもしれませんが、どうなんでしょう?ホームシアター愛好家の方はサラウンドフォーマットが毎年のように増え、しかも年々チャンネル数が増えていることを?

私とて7.1chAVアンプを持っていますが、むしろ5.1に狭めて、チャンネルあたりのクオリティを高めたほうがいいように思っていますが。

とくにマニアでもない家庭でも11.1chになる。そんな世の中になるのでしょうか?そもそも5.1chすら普及しきれているとは到底思えませんが…。

毎年チャンネルを増やす「マルチ商法」だと困ります?


メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
オーディオテクニカ怒涛の新製品攻勢
ヘッドホン界に大きな動きが!
AVアンプの新フォーマットが?
NHKネットラジオ『らじる★らじる』 9月1日午前11時配信スタート!
ついにNHKが9月1日からラジオのネット配信を決定
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター