AUDIO BASIC Vol.59を買いました



AUDIO BASIC(共同通信社) Vol.59を買いました。
震災のあと初めて発行される同誌。

さっそく地震対策や節電対策などにも触れています。

幸いなことに編集部や評論家のなかに人的被害と、オーディオ関係の大きな被害はなかったようでした。

しかし、読者のなかにはあのB&Wの802Dが倒れ、しかもユニットが破損した人がいる、という話があり、こういう人が愛好家のなかにはやはり実際にたくさんいるということも思い知りました。

地震対策や節電対策ということでは、正直、まだあまりノウハウがない、というか、あまり頭が整理できていないのかな?という印象も受けました。

オーディオの節電に効果がありそうなアンプのデジタル化にもあまり積極的でないようにも見受けられました。

スピーカーを地震に強いようにすると音質が損なわれる可能性もあり、そこもまた難しいところです。

記事としてはアナログレコードの特集ですが、個人的にいまあまりレコード再生に注力していないだけに、眺めるだけになってしまいます。

PCオーディオ関係では、PCオーディオ用自作PC用の記事が、むしろPCオーディオファンよりも詳しいくらいの内容で役に立ちそうです。

PCオーディオ、とくにネットワークオーディオは今年モデルの各社AVアンプが軒並みハイレベルで対応していて、今後はそれが主流を形成しそうですが、そのあたりに触れているのはいいと思います(パイオニアの機種の紹介)。

付録CDはクラシックの室内楽。その曲目がまたマニアックで、普通のクラシック愛好家でもまず聴いたことがないほどのもの。CDもほとんど発売されていない、とありますから、狙ってのことのようです。オーディオ誌の試みとしては面白いと思います。

個人的にはフェーズテックのヘッドホンアンプが気になりました(ゲイン、インピーダンスに加えて、ダンピングの調整もできる)。




スポンサードリンク


関連記事リスト
極上の音を手に入れる 大人のオーディオ選び
AV REVIEW 7月号を読みました
AUDIO BASIC Vol.59を買いました
PCオーディオfan No.4
ステレオ 2011年3月号(音楽之友社)を読みました

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター