SANYO eneloop pro

ポータブルオーディオに必要かつ音質にも影響のある単三型充電池に期待の新製品が登場。
単三型の充電池の最大ブランドといえるサンヨーのエネループ。

繰り返し使えることによるコストメリットとエコフレンドリーの観点から、一般にも浸透してきているのがこうした充電池。

オーディオ界においては、一部のマニア内において、バッテリー駆動できるのならそのほうが音質がいいという考えがあり、それだけでなく、ポータブルオーディオにおける必要性からもバッテリーの存在は重要です。

これがまた種類・銘柄によって音が違うということからその選択がまたマニアを悩ませます。

オキシライド電池がよかったという話がありましたが生産完了。アルカリは買い続きやエコの問題もあるので、ここではやはり充電池になります。

さて、では充電池最大のブランド・エネループは音の面ではどうかといえば、それは最良ではない、と考えるのが大方のようです。

というのも、どうも充電池の場合、容量の大きさ、かつ電流量の多さなどにも音が左右され、その点でエネループが最上ではなかったためです。

私もいくつもの銘柄の充電池を各種機器で音質を検証していて、その結果よかったのはエネループではなく大容量の別モデルでした。

しかし、ここにきてなにもオーディオの音質のためかはわかりませんが、エネループにあらたに大容量型が登場。既存の単3型eneloopに比べ、約25%大容量となる2,400mAhとしたモデル、eneloop pro。

カメラマンや放送業界などのプロユースにも応えるため、とありますから、たしかに音質面が考慮された可能性があります。録音時の音質にも影響しますから。

一方、このために引き換えになり犠牲になったものもあります。それは繰り返し使用可能回数の減少。

通常のeneloopの(1,500回)より少ない約500回。なんと3分の一。なぜこれまでながらく容量を増やさなかったのかこれでわかります。

こうした犠牲を払ってでも容量を強化した新バージョン。こんどはポータブルオーディオマニアの標準電池になる可能性があります。


スポンサードリンク


関連記事リスト
BSプレミアムの割り当てスロットが?
そういえばBS放送の再編で音質は?
SANYO eneloop pro
ハイドン:交響曲全集 アンタル・ドラティ指揮盤
マーラー:交響曲全集 マゼール指揮 ウィーン・フィル盤

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター