ドイツ・グラモフォン・ベスト100がリニューアル

icon
icon
クラシック音楽愛好家の定番CDアイテム。ドイツ・グラモフォン・ベスト100がリニューアル。
CD時代に入って、数年おきに実施されているまさに恒例行事。

前回はシリーズではじめて、全デジタル録音化。

今回はどういう新機軸を入れてきたかというと、SHM-CD化。内容よりもオーディオ的方向からのものでした。

肝心の内容はというと、とにかく入れ替えましたというのが優先的。

ベートーヴェンの交響曲はすべてアバドのものにしたり、なぜかシノーポリが復活したりしています。

カラヤンについてはこれまでずっとあった録音を外して、新たに別な曲を入れるなどしています。

これまでずっとこのシリーズにあったカラヤンの第9や悲愴がなくなっているのには驚きます。

人気がないのかブーレーズの録音も減っているような。

クライバーのブラームス4番もなぜかなくなっています。

新しい人のとしては、ユンディ・リ、アリス・沙良・オット、ミンコフスキ、ハーン、ドゥダメルあたりをちゃんと入れているのは前向きでいいと思います。

価格が据え置きの1800円。いまどきこの価格はどうでしょうか。内容よりもそこが一番気になりました。新素材CDだからといっても競合他社は1200円程度です。1800円なら輸入廉価ボックスで10枚組みが買えてしまいます。

SHM-CDにそれだけの価値があるのかも難しい気がします。たしかにSHM-CDはCDプレーヤーで聴いてもリッピングしても、なぜか音は違うといえば違うのですが。

ドイツ・グラモフォン・ベスト100の詳細(HMV)
icon

スポンサードリンク


関連記事リスト
ドゥダメルのベルリン・フィル・デビューCD盤はなんと「ツァラトゥストラはかく語りき」(YouTubeつき)
ワーナークラシック NEXT BEST 100
ドイツ・グラモフォン・ベスト100がリニューアル
ヴァント&ミュンヘン・フィル/ブルックナーLPボックス
ソニークラシカルから激安廉価盤ボックスシリーズが登場!

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター