大賀典雄氏が亡くなられました

ソニー相談役の大賀典雄氏が、4月23日に亡くなられました。81歳でした。

大賀氏は昭和57年から13年にわたってソニー社長を務めました。

そして単にソニーの社長というだけでないエピソードでオーディオ・クラシックファン両方に知られた人でした。
大賀氏は東京芸術大学を卒業後ソニーに入社。ベルリン留学経験もあるクラシック音楽のプロで、理系企業的には異色なようですが、オーディオ技術には音楽の専門家が必要だという背景があったようです。

取締役、社長、会長など重職を歴任しますが、オーディオファンにとってはCDの開発に深く関わったことでも知られています。

そして、クラシックファンにも別のことで知られています。それはあのカラヤンが亡くなった日、偶然にもその時に居合わせることになったからでした。

仕事でカラヤンの自宅に来ていた大賀氏でしたが、そのうちにカラヤンは具合が悪くなり、そのまま亡くなったのでした。カラヤンはレコード会社をドイツ・グラモフォンからソニー・クラシカルに移籍することが決まっており、その打ち合わせの仕事をしていました。この移籍は幻に終わってしまったわけですが、カラヤンはCDの発表にも携わっていましたし、大賀氏を個人的に信頼していたことがよくわかるのではないでしょうか。

大賀氏は「東京フィルハーモニー交響楽団」の会長を務め、みずからオーケストラの指揮者としても活躍、長野県軽井沢町に音楽ホールを建設する資金としてみずからの退職金16億円をすべて寄付するなど音楽活動にも積極的に関わってきました。

このように長年にわたりオーディオ・クラシック業界に大きな足跡を残した人でした。その彼が亡くなるということはひとつの時代の区切りを迎えたことの象徴かもしれません。

CDはPCオーディオソースにとって変わられつつあります。カラヤンのようなスターはもうクラシック界にはいません。

21世紀の日本にあらたな大賀典雄はあらわれるでしょうか?

スポンサードリンク


関連記事リスト
トライオードが中古オーディオのリペアサービスを開始!
エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」にWARNER CLASSICSからの作品が加わる
大賀典雄氏が亡くなられました
総務省、岩手/宮城/福島での地デジ移行延期を正式決定
ONKYO TX-NA609 ほかオンキヨーの新AVアンプ

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カラヤン

 がふ☆がふさん こんばんは。

 大賀典雄さん 有名ですよねd(-_^)good!!
惜しい方を亡くしました( p_q)エ-ン
大賀氏は東京芸術大学卒なんですかw(゚o゚)w
 大賀氏は カラヤンが亡くなった日、偶然にもその場に居合わせたんですね(゚ロ゚屮)屮
カラヤンと言えば グラモフォンと思っていたのですが、ソニー・クラシカルに移籍することが決まっていたのですね(^^)

 大賀典雄さんのご冥福を 心よりお祈り申し上げます。
ではまた☆

No title

コウさん、こんにちは。

そうなんです。カラヤンは移籍発表直前に亡くなってしまったのです。

ウィーン・フィルとバッハのロ短調ミサ曲などの録音も決まっていたそうです。残念。

大賀さんも奇しくもカラヤンと同じ年齢で亡くなられました。不思議なものです。

それにしても、大賀さん亡き後のソニーを心配したら、とたんに個人情報流出のニュース。

ほんとうにこれからのソニーが心配です。ひいては日本全体に影響することだけに。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター