ハイドン:交響曲全集 アンタル・ドラティ指揮盤

icon
icon
録音史上初のハイドンの交響曲全集であると同時に、標準的演奏とされる定番。
これもまた定番中の定番であるし、また廉価ボックスの代表でもありました。残念ながら現在廉価での入手は困難のようです。(つまりお高い)

ハイドンの交響曲全曲を33枚のCDに収めています。

ドラティは就任した先々の楽団を短期間で高水準に引き上げる人としても知られています。

フィルハーモニア・フンガリカは1956年のハンガリー動乱の際、国外に脱出した音楽家によって1957年にウィーンで結成されたオーケストラ。同じハンガリー人であるドラティが音楽監督を務め、この録音によってその名が残っていると言えるでしょう。

演奏は全体にソツのないもので、曲を知るのには十分だとは思いますが、彼が他の楽団を指揮した時のような凄みのようなものに不足して感じられます。それがハイドンに要るかどうかは別にしても。

また録音もデッカにしてはイマイチかな、と思いますが。

しかし、とにかく同じ傾向でしかもエキセントリックでも低水準でもない演奏でハイドンを聴くのに、いまだこれを超えるものはないでしょう。

ドラティの真価を知るならデトロイト交響楽団とのデジタル録音やコンセルトヘボウとの録音などをおすすめします。

ところで、この演奏、youtubeに、たぶん大半がアップされています。

試し聴きしたいならこちらからどうぞ。同じユーザーさんがアップして再生リストもあります。一部は日本では聴けないといったメッセージも出ますが。

その再生リスト

これを聴いてまた安価に再発売されるのを待ちましょう?(安かったときは7000円以下)



メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
そういえばBS放送の再編で音質は?
SANYO eneloop pro
ハイドン:交響曲全集 アンタル・ドラティ指揮盤
マーラー:交響曲全集 マゼール指揮 ウィーン・フィル盤
リンク集
スポンサードリンク

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター