RyomaX RY-MA1 ビクターから新しい形態のAV機器が登場!


ケンウッドと合併したあとの技術的、製品的展開が注目されていたビクターから、新形態のAV機器新製品が登場。

ブランド名も“RyomaX(リョーマックス)”として、新規展開させます。

その第一弾、「RY-MA1」は、HDD/BDレコーダー機能、FM/AMチューナー、デジタルアンプを1台に統合、SD/SDHCカードスロット、USB端子、LAN端子などを1系統ずつ備え、ネットワーク機能も装備しているそうです。発売は2011年2月上旬。会見で、コンセプトは『オーディオ・ビデオ・テレビの区別を無くす』『テレビとラジオのシームレス化』『ホーム機器における新ネットワークサービス対応』と謳っていました。

ネットワーク機能の詳細はまだいまひとつわかりませんが、PCオーディオに対応しているのなら、史上初のネットワークプレーヤー・HDD/BDレコーダー・アンプ一体型の製品となるのではないでしょうか。

アンプはステレオでマルチ対応ではないので、あまりマニアックな層ではなく、使いやすい家電としてアピールしたいものと思われます。

ケンウッドとの合併効果はおもに、デジタルアンプの部分に投入されているようです。信号入力からアンプの最終段まで、フルデジタルの信号処理を行なう「フルデジタルプロセッシング」、最高24ビットまでのビット拡張と、最大4倍のオーバーサンプリング処理を同時に実行するHRS+(High Resolution Sound+)、といったあたりでしょう(どうしてハイビットプロセッサーの名前をころころ変えるのでしょう。仮にケンウッドの技術が入ったにしても、ブランドの確立されているK2でいいと思うのですが)。

実売は16万円程度とのこと。マニア的には、お茶の間におけるBDレコーダー内蔵のサブ機候補といったところでしょうか?

意外なところとしては、FM/AMチューナーがあるので、簡単・高品位にエアチェックできるのは、愛好家としては密かに注目です。メーカーもこの部分をアピールしていました。

…しかし、このブランド名、これでよかったのでしょうか?例の流行ものにあやかろうというのでしょうが、発売が見事に放送終了後…、もっと早く発表する予定だったのでしょうか?来年だったら「GOU」とでもつけるつもりだったのでしょうか?正直、ロゴデザインも含めて、海外の廉価AVメーカーのようにしか見えないのですが…。なんでも当初はズバリRyomaの予定からXをつけたのだとか。ますます怪しい雰囲気な気が…。

名前のせいで売れないことがないことを祈ります(ビクターだと思ってもらえない?)。名前のせいでなくても売れない可能性も…。なお、Blu-ray 3D非対応です

関連ニュース一覧
スポンサードリンク


関連記事リスト
斎藤宏嗣さんが亡くなられました
パイオニア、銀座デビアスビルに最新製品や新規事業を体験できるスペースをオープン!
RyomaX RY-MA1 ビクターから新しい形態のAV機器が登場!
e-onkyo musicでDSD音源の配信がスタート!ちょっと無理やりなところも?
PCオーディオfan公式サイト(共同通信社)がオープンしました!

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター