ヘッドフォンブック2011を買いました


年末恒例の本、ヘッドフォンブック2011を買いました。今回はなんと、というか、ついにというか、イヤホン現物が付録に。
もはやヘッドホン情報誌はフリーのものもかなりのレベルなので、本誌もイヤホンをおまけにつけるとかしなければ、と少し前に書きましたが、本当にやってくれました。

超高級イヤホンを製造している(最近は普通の価格のものもどんどん出してきている)ファイナル・オーディオデザイン社の実売3000円程度のイヤホン(非カナル型)のオリジナル・モデルをつけています。

それで本の価格は従来1500円から500円アップだけですので、どっちがおまけかわからない状況。まあ、これぐらいしないとインパクトはないでしょう。

そのイヤホンについては、すでに価格コムなどでも話題になっていますが、個性的な音で、イヤホンの音の幅広さを認識させる意味で、意義深いものだと思います。絶対的なクオリティやCPを論ずるのは、あまり意味がなく、また製作側もそうした意図ではないと思いました。たしかに従来の保守・本流的な音に一石を投げかけられるだけのものを持っていて、オーディオ再生がいつのまにか狭い了見に収縮していることを考えさせられました。もはやある種の問題提起でさえあるようです。

なんだかよくわからなかったかもしれませんが、イヤホン界でいうと、繊細・緻密・ワイドレンジではなく、おおらか、自然な雰囲気、リアルな押し出し、実体感といった方向でした。

従来の高級機とは逆のくらいの方向ですが、生音はこっちじゃないか?と思い直したほどです。

それでも、通常タイプイヤホンでありながら、15.5mmドライバーであるなど、技術的にも高いもので、けっして奇を衒うものでもありません。ドライバーの大きさの確保のために変な形になっている?ソニーに見習って欲しいほどです。

本の内容としては、まず、イヤフォン・ブックが独立した関係からイヤホンの評価はなしで、ヘッドホンのみかと思いましたが、付録にイヤホンがついているくらいですから、従来どおり、ヘッドホン・イヤホン半々でした。イヤフォンブックの立場は…。

具体的には、今年の新製品紹介がメインになり、従来の現行品全体からのガイド、ではなくなりました。それだけ新製品も多かったですし。

ですから、この本を購入ガイドにする人は、現行ヘッドホンがこれだけではないことを意識して欲しいです。

音質評論では、評価方法が変わって、困惑している読者もいるようです。佐藤良平氏が執筆から外れたのは残念でした。広瀬香美さんにヘッドホンを評価してもらう項ではゼンハイザーHD 800の音の良さを認めつつも、ベイヤーの普及機も評価するなど、マニア的でない観点が参考になります。マニアになると価格・ブランドで判断しがちですから。

今後はヘッドホンアンプのキットをつけるなどすると面白いのではないでしょうか?

なお、付録は初回限定ですので、気をつけてください(2刷り以降の人は本だけになるの?)

価格コムの関連掲示板:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000171150/SortID=12365688/

【主な内容】

最新ヘッドフォン&イヤフォン徹底ガイド140モデル

人気ニュージシャンが聴いた最新ヘッドフォン
広瀬香美 / 坂本真綾

10万円超!ハイエンドモデルの極み

PCの音を手軽にグレードアップ
USC-DACヘッドフォンアンプ

カスタムイヤフォンの快適

コンデンサー型にこだわる名門ブランド
スタックス

スポンサードリンク


関連記事リスト
AUDIO BASIC vol.57 2011年冬号を買いました
レコード芸術 2011年1月号を読みました
ヘッドフォンブック2011を買いました
モーストリークラシック2011年1月号を読みました。
stereo (ステレオ) 2010年12月号を読みました

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター