ユリアンナ・アヴデーエワ来日公演生放送を聴きました

話題の公演の生放送を聴きました。

結論から言って、素晴らしい演奏だと思いました。

じつに様々な議論を呼んだ彼女のコンクールでの演奏でしたが、今回のは、なぜかコンクール時とは違う演奏に聴こえました。まずそこにびっくりしました。

コンクール時は、力感はあるけれど、ともすると力まかせで、しかも個性的たらんとするあまり、強引で恣意的な演奏になっているとさえ思ったのですが、そのような印象を全く受けなかったのです。

だいたい、演奏のベクトルそのものが違って聴こえました。

力感に傾くどころか、全体に中ぐらいの音に表現を集中させ、全体のダイナミクスを縮小しているように思えました。

また、コンクール時、恣意的に聴こえた印象もなぜか消え、個性的ではあるけれど、しっかりと説得力を持って聴こえました。

また、トロップ氏に師事している影響が見えないと以前書きましたが、今回は逆にトロップ氏に似ているように感じました。

しっかりと一音一音噛み締めるような表現や、音の粒の作り方などにそれを感じました。

音色も、彼女独特と言えるものの一端を感じ取ることができ、たしかにほかのコンクール出場者とは違うものをいくつもはっきりと持っていると、今回初めて感じ取ることができたように思います。

どうも彼女は大ホールで演奏される現代ピアノ界に違和感を持っていて、より小ホールでニュアンス感や多彩な音色表現のできるピアノ演奏を志向しているのではないでしょうか。空間にむやみに響きを放出しないで、楽器本体の音を密度高く聴かせようという意図に今回は聴こえたからです。問題提起的なコンセプト感の表出、という一コンクール出場者とは思えない意図が評価されたのかもしれないということです。

クリスティアン・ツィマーマンが、今回、ネット配信の音で世界中の人が判断して議論することの危険性を指摘していましたが、もしかしてこういうことだったのでしょうか。ネットでは彼女の会場でのパフォーマンスを伝えられていなかったのかもしれません。

もちろん、NHKのFM放送にもそうした危険はあるのかもしれませんが、こちらには送り手にも受けてにも長年のノウハウ?がある部分があるので、そう実際と違う印象ではないと思いたいです。

また、今回の演奏では、ショパンの新しい校訂譜、ナショナル・エディションが使われており、従来とはとくに管弦楽において音や表情が違うところがありました。

今後の彼女には注目でしょう。


スポンサードリンク


関連記事リスト
ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサート2010
ユリアンナ・アヴデーエワ、本日のN響アワーに登場
ユリアンナ・アヴデーエワ来日公演生放送を聴きました
ベスト・オブ・クラシック ウィーン・フィル特集
VPO来日演奏会生放送が本日これからあります。

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 がふ☆がふ様

 JASONです。

 アヴデーエワを小生も聴きました(ラジカセですが・・)。

 最初の一音から「あっこれはもうプロ中のプロの音だ」と思いました。
 (反面初々しさというところは微塵もありませんが)。

 音の粒立ちもクリアーですし、音楽が滑らかに流れていて心地良い
 ですよね。面白いのは技巧が要求される箇所は普通なのに
 そうでないところでは実に思い入れたっぷりに弾いていました。

 審査委員長アルゲリッチの元夫君のシャルル・デュトワの指揮が
 また堂に入ったもので、そうした「思い入れに」ぴったし付けてました。

 総じて非常に満足した演奏会でありました。

 今後が非常に期待されるピアニストではないでしょうか。

 ではまた。

No title

JASONさん、こんにちは。

ほんとうに今回の演奏会、日本の多くのリスナーはどう思ったでしょうね。その反応も気になります。

技巧派のシチェルバコフ氏にも師事しているのに、技巧に走らないのもたしかに特徴的ですね。

自分の確固たるスタイル(演奏だけでなくあらゆる意味で)を全面に出して勝負しようというしたたかささえ感じる堂々とした人のようですね。今回もスーツ姿だった、というところにも表れているようです。

このまま行くのか、コンセプト倒れになるのか?まだこれからでしょう。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター