レコード芸術 2010年 12月号を読みました


レコード芸術の今月号を読みました。今号は、没後20年のレナード・バーンスタイン特集。

特集のなかみは、彼の活動や代表ディスクを振り返りながらあらためて彼の業績を評価するもので、予想通りのもの。全ディスコグラフィがついているのは最近の没後記念企画のお約束となりつつあるようです。

しかし、バーンスタイン没後特集というのは、これが初めてだったような…?10年目のことは覚えていません。

あらためてバーンスタインの指揮した録音を振り返ると、やはり、ニューヨーク・フィルの壮年期のものとウィーン・フィルの晩年期のものとにはっきり大きく分かれていることを再確認できます。

どちらもそれぞれに存在価値のあるものに思われますが、世評はウィーン・フィルとの1980年前後のものです。

そして、晩年に向かうと彼の演奏は次第にエキセントリックな個性化というか肥大化の度を高め、賛否両論になっていきます。そして指揮活動の引退と直後の死が訪れます。

ウィーンとのベートーヴェン、シューマン、マーラーは大変素晴らしいと個人的に思いますが、たしかに、ブラームスのあたりからおやっと思うところが出てきて、晩年のチャイコフスキーで??となっていきます。

彼としては何らかの確信があったのでしょうし、もしかしたら、我々も彼の意図をわからないのかもしれません。
晩年のバーンスタインを理解することがいまの我々に残された課題なのかもしれません。

さて、今号には、他に、先ごろ亡くなった小石忠男さんの遺稿が載っています。宇野功芳氏とはあまり相容れなかった氏ですが、最後の原稿では二人が推薦。特選となっています。それはピエール・ブーレーズの新録音。
ブーレーズはどうも一般の人気はもうひとつのようですが、この二人はいつも推薦していました。最後に珍しく二人の意見が一致するディスクで締めくくられたというのはなにか不思議な気がします。

スポンサードリンク


関連記事リスト
モーストリークラシック2011年1月号を読みました。
stereo (ステレオ) 2010年12月号を読みました
レコード芸術 2010年 12月号を読みました
サウンドガール デュオ ~音響少女~ Soundgirl duo(白夜書房)
Net Audio (ネットオーディオ)第1号を読みました

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

バーンスタインといえば

当方クラシックは超初心者ですが、89年12月25日の「第九」のDVDを持っています。
オケや合唱団の編成を見ても、非常にショー的要素(或いはウケ狙い?)が強いのですが、11月10日のベルリンの壁崩壊からわずかの日数で、このコンサートが開催されたのはうれしい限りです。
ましてや当人は病の身でありながら(寿命を悟っていればこそ)この一大興業を成し遂げたと思うと感慨深いものがあります。

私趣味が悪いのでしょうか、ご当人が亡くなる直前のDVDを鑑賞していると心揺さぶられちゃうんですよ。クーベリックの「わが祖国(於:サントリーホール)」もそうです。
たぶんバブルの頃ですから、おそらくチケット代もものすごかったと思います。演奏後のクーベリックさんもチェコ・フィルの団員もとってもいい笑顔です。みなさんの懐具合もさぞや暖かかったのでは、と、つい穿った見方もしちゃったりして。

音楽への冒涜何卒お許し下さい。
でも、これが最期になるであろう頑張った自分に対する満足感、そんな表情が垣間見えるシーンってとても素敵だと思います。

No title

ecogyloさん、こんにちは!

クラシック音楽界では年配になると急に重宝しだすというくせ?がありますね。また、亡くなると急に再評価するとか…。

たしかに長老の演奏家には「これが最後かもしれない」という緊張感が雰囲気を醸し出しているところがあり、また、聴衆もそれを意識しているようなところがありますね。

バーンスタインの晩年はまだ再評価されていない気もします。ただ、ベルリンの壁崩壊の第9は音楽ではなく、歴史的一瞬の記録として永遠に残る種類のものでしょうね。そういう意味ではまさにバーンスタインは歴史上の人物ですね。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター