「第16回ショパン国際ピアノ・コンクール」が始まりました

ついに、ショパンコンクールが始まりました。

今回は前回まで問題にされた点、とくに審査におけるものを変えてきたのが大きな特徴です。

審査員の顔ぶれを一新。これまで審査員の過半数を占め、自国に甘いとの批判もあったポーランド出身者を半数以下に減らし、現役で活躍する有名ピアニストを海外から多く招きました。

従来秘密のベールに包まれていた各審査員の採点表を、審査員の同意があれば終了後に公開できるようにしたとのこと。

<審査員>
アンドレイ・ヤシンスキ(審査員長)
マルタ・アルゲリッチ
ダン・タイ・ソン
ベラ・ダヴィドヴィッチ
フィリップ・アントルモン
フー・ツォン
ネルソン・フレイレ
アダム・ハラシェヴィッチ
ケヴィン・ケナー
小山実稚恵
ピョートル・パレチニ
カタリーナ・ポポヴァ・ズィドロン

おお、過去の優勝者が3人もいます。やはりアルゲリッチの動向・発言がもっとも注目されるでしょう。アルゲリッチのデュオ・パートナーであるフレイレがいるということは、アルゲリッチの好みに偏った評価につながりかねない気もしますが…。

<コンクール全体スケジュール>
第一次予選 10月3日~7日 原則として40名(以内)が二次予選進出
第二次予選 10月9日~13日 原則として20名(以内)が三次予選進出
第三次予選 10月14日~16日原則として10名(以内)が決勝進出
決勝 10月18日~20日
結果発表 10月20日 午後23時頃予定
入賞者記念コンサート 10月21日~23日
その他 10月1日内田光子リサイタル、2日アルゲリッチ&フレイレのデュオ・リサイタル、17日・18日ショパン没後161周年記念コンサートが開催予定。

アジア勢の出場が多いのはもはやお約束です。また、毎回のようになにか騒動が起きるのもお約束ですが、今回は無事に終えることができるでしょうか(アルゲリッチは最後までいれるのか)?



スポンサードリンク


関連記事リスト
ジョーン・サザーランドさんが亡くなりました
アリス=紗良・オットさんのTVCMをはじめて見ました
「第16回ショパン国際ピアノ・コンクール」が始まりました
ナクソス・ミュージック・ライブラリーを図書館で導入の動き
「HMV渋谷」が22日、閉店

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター