激安廉価ボックスによる「バッハ大全集」対決!

クラシック音楽激安廉価盤紹介。この秋、激安廉価ボックスによる「バッハ大全集」が奇しくも2つのレーベルから発売。どちらに軍配が上がるのか?
それはこのふたつ。

ブリリアント/バッハ大全集
CD157枚、DVD2枚、DVD-ROM1枚!
新編集により一部内容更新、枚数も増加!
なんと全作品の楽譜も収録!

独ヘンスラー/バッハ大全集
CD172枚+CD-ROM1枚
お買い得価格&新装丁でコンパクト化!

というもの。

価格は、ブリリアントが、HMVマルチバイ特価(税込) :¥14,840
ヘンスラーが同じくマルチバイ特価(税込) :¥22,558

どちらも、基本的には再発売で、さらなる低価格、付録の充実を売りにしています。

価格だけならブリリアントになってしまいますが、ヘンスラーはバッハ研究・演奏双方の権威のひとり、ヘルムート・リリングの全面的な監修・指揮によっていますから、演奏全体のコンセプトの一貫性では後者でしょう。

逆にリリングの演奏が嫌い、いろんな演奏家のバラエティが楽しいという向きには前者で、価格だけで選べるものではないでしょう。

使用楽譜がどうとかもあるようですが(ヘンスラーが、ドイツのベーレンライター社が刊行する新バッハ全集の楽譜により、バッハ作品のすべてを網羅した唯一の「大全集」)、あまり詳しくないので触れません。

ブリリアントの楽譜pdfは便利かもしれませんけど、決定的な要素ではないように思います。

いずれも10月なかごろの発売で、いい勝負です。

ブリリアント↓
icon
icon

ヘンスラー↓
icon
icon

スポンサードリンク


関連記事リスト
ゲオルグ・ショルティ生誕100年記念ボックスが続々登場
カラヤン60 (82CD)
激安廉価ボックスによる「バッハ大全集」対決!
ドイツ・グラモフォン~ザ・コレクターズ・エディション2
ルービンシュタイン・プレイズ・ショパン(10CD)

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター