ヤマハ、プリメインアンプ「A-S300」を発表 約4万円のエントリー機

先日、ネットワークプレーヤーを発表したヤマハが今度はエントリークラスのプリメインアンプを発表。

A-S300」11月中旬発売。価格は40,950円(税込)がそれ。

注目点としては、近年のこの価格帯のアンプとしてはかなりの物量型と見受けられる点。

普通この価格帯のアンプのヒートシンクは左右で一枚、また、アルミ押し出し材でもありません。

この価格帯不動の王者、デノンでもそうです。

それがこの機種は左右独立、アルミ押し出し材なのです。

カーボンシースブロックケミコンやバナナプラグ対応のスピーカーターミナルも装備。ターミナルも写真で見る限りこの価格にしては良く見えます。

はやりのiPod対応も謳っていますが、デジタル入力対応とかUSB対応ではありません。

カラーは流行に逆行してシルバーのみ。

長岡鉄男の時代だったら「物量型だ」となって注目されたかもわかりませんが、今は超低価格・小型のデジタルアンプもあって、時代が違いますからねえ。

かえって、でかくて重くて中途半端に高いということにならなければいいのですが。とてもPCの脇には置けませんし。

ヤマハにはむしろ、小型デジタルアンプをもっと開発して欲しいかも。

そういえば、他社はヤマハのデジタルアンプのチップを使って製品化しているのではなかったっけ。

ジャンル プリメインアンプ
ブランド YAMAHA
型番 A-S300
発売日 2010年11月中旬
価格 ¥40,950(税込)
【SPEC】
●定格出力(20Hz~20kHz、0.02%THD):60W+60W/8Ω、70W+70W/6Ω
●実用最大出力(JEITA):100W+100W/8Ω、110W+110W/6Ω
●音声入力:6系統(チューナー1、RCA3、フォノ〔MM/MC〕1)
●その他入力:ドック1
●音声出力:2系統(レックアウト2)
●その他出力:サブウーファー1 
●消費電力:150W
●外形寸法:435W×151H×387Dmm
●質量:9.0kg

ファイル・ウェブの関連ニュース(画像付)
メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
マランツから多機能AVプリアンプ「AV7005」が登場!PCオーディオにも!
ヤマハ、iPodデジタル接続対応コンポ「CRX-550」「NS-BP200」を発表
ヤマハ、プリメインアンプ「A-S300」を発表 約4万円のエントリー機
ヤマハ ネットワークプレーヤー『NP-S2000』を発表!
ソニーが高級密閉型ヘッドホン「MDR-Z1000」を発表!
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター