PC GIGA PCオーディオ特集が!


オーディオ誌ではない雑誌のPCオーディオ特集紹介第2弾。PC GIGA。2010年 09月号 。

これはPC専門誌。オーディオ趣味、クラシック趣味の人はあまり見ないかもしれません。

ところが、今号には見逃せない特集が。

PCオーディオ特集。

といっても、PC誌だから、PCのサウンドカードとか内部電源とか、PC自作派よりで、オーディオ界よりではないと予想したわけです。

ところが、見てみると、なかなかどうしていわゆるオーディオマニア的な観点からのPCオーディオ特集となっていて驚きました。

つまり、PCを従来のCDトランスポートに換えるという発想のものです。

それに、ハイCPに従来のオーディオに迫ることができるというPCオーディオの重要な魅力をはっきりと自覚して感じられたのもよかったです。

それだけに入門ゾーンの機器紹介には力が入っていて、いずれも納得できるチョイスだったのが印象的でした。

しかも、入門的な話から、単品コンポをそろえる話まで、ちゃんとグレード別のガイドもしてくれています。

それでいて、数ページのコンパクトさで、その内容はむしろ特選街の同内容の特集よりいいくらいです。

また、ハイCPオーディオの一法として、PCプラスUSBオーディオプラス高級ヘッドホンを紹介しているのも、全く
同感です。

さらに、オーディオ誌では紹介されないような超安価(数千円)な小型デジタルアンプを紹介しているのも発見でした。

オーディオ誌ではないだけに、しがらみのなさのようなものを感じた、とも言えそうです。

PC誌だなあ、と思ったのは、デジタルケーブルの違いによる音質の違いに懐疑的な姿勢であること。ここは実際違って聴こえるという立場なので、オーディオ者との違いを痛感しました。

とはいえ、オーディオ者もこれを読むと、一般的な立場からPCオーディオを再認識できるかもしれません。

紹介されていた安価なプリメインアンプ。どっちも4000円ほど(!)
サイズ 鎌ベイアンプKRO SDA-1100
サイズ
売り上げランキング: 1674
おすすめ度の平均: 4.0
3 コストパフォーマンスは高いが 注意が必要
4 期待以上の音
4 音量調節に使ってます
4 コンパクトにして必要十分
3 ギャングエラーが



メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
AVレビュー 2010年9月号を読みました
オール イヤフォンガイドブック2010
PC GIGA PCオーディオ特集が!
特選街 2010年 09月号 PCオーディオ特集が!
無線と実験 2010年 08月号を読みました
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター