ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」ケルテス&ウィーン・フィル

ドヴォルザーク:交響曲第9番
ケルテス(イシュトヴァーン)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2001-04-25)
売り上げランキング: 3334
おすすめ度の平均: 4.0
2 不鮮明な「新世界より」
2 所詮レビュー
5 双璧をなす新世界
5 “新世界”聴くならまずはこれ-
5 全体の完成度では随一

イシュトヴァン・ケルテスのデビュー盤にして最大の代表作。
イシュトヴァン・ケルテスは(1929.8.28-1973.4.16)は、ニキシュ、フリッチャイ、オーマンディ、セル、ショルティと続くハンガリー指揮界の栄光を受け継ぐホープとして、1960年代の指揮界を席巻し、レコーディングでも、デッカにウィーン・フィル、ロンドン響、イスラエル・フィルなどと数多くの録音を残しましたが、1973年、テル・アヴィヴで水泳中に溺死してしまいます。

それでもデッカには有名曲を数多く録音し、ブラームス、シューベルト交響曲のウィーン・フィルとの全集など、魅力的な仕事を残しました。

そんな彼の録音デビュー盤はなんとあの「新世界より」をウィーン・フィルと演奏するというもの。

いかにキャリアの初期から評価され、期待されていたかがわかります。

そしてこの録音は今日に至るまで同曲の録音のトップランクの名盤としてずっと君臨しています。

デビュー盤とは信じられない演奏です。高度なオーケストラコントロールとしなやかな感性が両立した、時代性を感じさせない普遍的な演奏です。

ですから50年経ったいまでも全く表現に古さをかんじさせません。

また、この録音はデッカの優秀録音としても知られ、これまた50年前とは思えない録音です。

ケルテスが生きていたら指揮者界の未来は変わっていたろうという話も聞きますが、その通りだったかもしれません。

なお、この盤、エソテリックがSACDでも出しましたが、売り切れだそうです。

収録曲
ドヴォルザーク(1841-1904)
交響曲第9 番ホ短調Op.95「新世界より」
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:イシュトヴァン・ケルテス
録音 1961年3月22日~24日、ウィーン、ソフィエンサールにおけるアナログ・ステレオ収録
[プロデューサー]
レイ・ミンシャル
[レコーディング・エンジニア]
ジェームズ・ブラウン

スポンサードリンク


関連記事リスト
ファリャ:「三角帽子」「恋は魔術師」
エルガー:威風堂々第一番 エリック・カンゼル指揮シンシナティ・ポップスO
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」ケルテス&ウィーン・フィル
ドビュッシー:ピアノのための12の練習曲 内田光子(ピアノ)
シューマン:交響曲全集(2CD) バーンスタイン&ウィーン・フィル

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター