レコード芸術7月号。ミュンシュの逆襲


レコード芸術7月号(音楽之友社)を読みました。
名曲名盤選が今月も掲載。

先月も書いたように、相変わらず、名盤の固定化は著しいです。一位のディスクはもうほとんど前回と同じです!

しかも何連覇とかばかり。ページを開くたび、このディスクは5連覇とか6連覇とかそんなのばかりです。

そんななか、デュトワ指揮のサン=サーンスの交響曲第三番「オルガン付き」が一位でなくなりました。これも有名な常連ディスクで、しかもオーディオ界でも有名な優秀録音盤。

なにが一位かというと、シャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団の1959年盤。

これも有名な盤ですが、なんと50年以上前の録音。

しかし、録音がこの時代とは思えぬ驚異的なものであることにも定評のあるものです。

とはいえ、デュトワ盤が発売以来強く、一位にミュンシュ盤はなかなかなれませんでした。

ところが今回のこの結果。

これはあるいは、単にミュンシュの演奏が芸術的に再認識されたというばかりではないのかもしれません。

もしかして、この演奏の近年のリマスタリングの成果ということも考えられます。

RCAのこの時期の録音の優秀さはよく知られていますが、その評価はリマスタリングのたびに高まっているように思われます。

そして今回のリマスタリングはDSD、しかも、それでいて一枚200円の激安廉価ボックスにそれらを収めたのです!

例のリヴィング・ステレオですね。

このリマスタリングと価格が影響したのかもしれません。

ちなみに演奏は対照的なものですので、どちらか一方ではなく、両方持っておきたいところです。

あとオーディオマニアの人は第二楽章第二部の冒頭以外も聴きましょう!

このブログ内の関連記事
RCAリヴィング・ステレオ(60CD)12000円!

ミュンシュのオルガンのCD各種

レコード芸術7月号で取り上げられている曲一覧
新編 名曲名盤300⑤
 プッチーニからシューマンまで
●プッチーニ:歌劇《蝶々夫人》/同《トゥーランドット》/同《トスカ》/同《ボエーム》
●ラフマニノフ:交響曲第2番/ピアノ協奏曲第2番/同第3番
●ラヴェル:バレエ《ダフニスとクロエ》(全曲)/ボレロ/ピアノ協奏曲ト長調/弦楽四重奏曲/夜のガスパール
●レスピーギ:ローマ3部作
●リムスキー=コルサコフ:交響組曲《シェエラザード》
●ロドリーゴ:アランフェスの協奏曲
●ロッシーニ:序曲集/弦楽のためのソナタ集/歌劇《セビリャの理髪師》
●サン=サーンス:交響曲第3番《オルガン付き》/組曲《動物の謝肉祭》/ヴァイオリン協奏曲第3番
●サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
●サティ:ピアノ作品集
●シェーンベルク:浄められた夜
●シューベルト:交響曲第5番/同第8番《未完成》/同第9番《ザ・グレイト》/弦楽五重奏曲/ピアノ五重奏曲《ます》/弦楽四重奏曲第14番《死と乙女》/アルペジオーネ・ソナタ/ピアノ・ソナタ第20番/同第21番/幻想曲《さすらい人》/即興曲集/歌曲集/同《美しき水車小屋の娘》/同《白鳥の歌》/同《冬の旅》
●シューマン:交響曲第1番《春》/同第2番/同第3番《ライン》/同第4番/ピアノ協奏曲/ピアノ五重奏曲/アラベスク/クライスレリアーナ/交響的練習曲/子供の情景/歌曲集《女の愛と生涯》

スポンサードリンク


関連記事リスト
特選街 2010年 09月号 PCオーディオ特集が!
無線と実験 2010年 08月号を読みました
レコード芸術7月号。ミュンシュの逆襲
話題沸騰?ステレオ(音楽之友社)7月号
オーディオベーシック最新号(共同通信社)を買いました。

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター