デノンの中級AVアンプに機能充実の新機種

ピュアオーディオに比べて、モデルチェンジのサイクルの速いAVアンプ。今回、デノンはエントリー、中級クラスのAVアンプをあらたに発表しました。

おもにHDMI規格Ver.1.4aに対応し、3D映像のパススルー出力やオーディオ・リターン・チャンネル機能をあらたに装備させるためのモデルチェンジのようですが、なかでも、AVR-3311という中級機は、同クラスの先代機に比べて、PCとiPodへの対応度が大幅に強化され、3Dに関係なくても、魅力的に思いました。

iPod/iPhone、USBメモリを本体にダイレクトに接続・操作できるUSB端子を備え(再生はオーディオデータのみ)、しかもデジタル接続が可能。USBメモリからの再生はWMA/WAV/MP3/AAC/FLACに対応。

DLNAベースのネットワーク再生機能も充実しています。再生可能なファイル形式はWAV/AAC(DRM非対応)/WMA/MP3/FLAC。画像ファイルはJPEG。またインターネットラジオ再生の機能もあります。

デノンお得意のAL24 Processing Plusが全チャンネルに装備。

AL24 Processing Plusは先代にもありますが、PCとiPodへの対応は倍くらいの上位機(AVC-4310)からでしたから、今回のモデルチェンジは大変充実したものになったと思います。

立場を変えると、3Dに興味がなく、PCとiPodにここまでダイレクトに対応しなくてもいいという向きには、逆に先代(AVC-3310)が安くなるならお得ということにもなります。

しかし、この機種のこの価格にしてこの機能というのは、いまのところ大変お得ではあると思いました。

また、デノンのAL24 Processing Plusをはじめとするハイビットプロセッサーは、あらゆるデジタル入力信号のアナログ変換に大変有効であると実感しているので、デノンのAVアンプはそれを装備しているもののランクから選ぶと良いと思っています。

AVR-3311
発売日 2010年6月中旬
価格 ¥136,500(税込)

デノン 製品情報

●定格出力:125W×7ch(8Ω) ●実用最大出力:185W×7ch(6Ω) ●消費電力:670W ●寸法:434W×171H×381Dmm ●質量:12.2kg

ほかの機種
AVR-1911
発売日 2010年6月中旬
価格 ¥84,000(税込)

AVR-1611
発売日 2010年6月中旬
価格 ¥56,650(税込)




メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
バッファローコクヨサプライのイヤホンBSEP11の外見が?
アキュフェーズ(ACCUPHASE)がCDプレーヤー「DP-510」を発売
デノンの中級AVアンプに機能充実の新機種
春のヘッドフォン祭 2010で新製品がたくさん発表されました
どうしたの?アップル製品がネット通販停止
スポンサードリンク

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター