ショパン生誕200年ガラ・コンサートの感想

数日前のショパン生誕200年ガラ・コンサートのBS放送の感想です。

デミジェンコというピアニストは不勉強で、あまり知りませんでした。そうか、ハイペリオン・レーベルでレコーディングしているのですね。ロシア系ピアニストということですが、力押しよりも、繊細なほうのタイプのようでした。

エフゲニー・キーシンの演奏が今回の本命。演奏は彼がいちだんと成長していることを感じさせます。かつてのともすれば優等生的な表現から、自在な方向へ表現が広がって感じられたからです。

また、今回のショパンでは、他の作曲家の、キーシンの演奏で感じられることのある、妙な息苦しさや切迫感が感じられなかったのも印象的でした。ただ、それが彼らしいのかどうかわからない気も一方でしましたが。

会場の彼への喝采はすごいものでした。

さらにダニエル・バレンボイムのショパン。バレンボイムはベートーヴェンやモーツァルト、シューベルトといったあたりをピアニストとしての主要レパートリーにしており、ショパンは珍しいほうです。

演奏は重厚なもので、ベートーヴェンを得意とする彼らしいとも思いました。一般に比べて左手方向の充実がとくに耳に残りました。いや、ほんとうに、ショパンというよりドイツ・ロマン派みたいでした。

しかし、バレンボイムは指揮が忙しいだろうに、いったい、いつピアノを練習しているのでしょう。ピアノ専門の演奏家でも大変だろうに。

ところで、ショパンというと最近、ショパン本来の意図をより復元したとされる楽譜「ナショナル・エディション」の登場が話題でもありますが、今回の演奏会で使われていたかはよくわかりません。印象からすると、とくに使われていなかったように思います。従来と違うところが特段、聴こえた様子はなかったもので…。バレンボイムはピアノ・ソナタ第二番の繰り返しを行っていませんでしたが、それは関係ないようですし。

今回の演奏会、まだ見ていない人は、これからBS2でも放送されるので、見てみてはいかがでしょうか。





スポンサードリンク


関連記事リスト
パッパーノ&VPO演奏会、FM放送の感想
ユンディ・リがスーパーモーニングに出演!
ショパン生誕200年ガラ・コンサートの感想
ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート生中継をBS-hiで聴きました
N響アワー 中村紘子さんの特別公演 「ピアノ協奏曲の夕べ」を見ました

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ショパン200年・・・

がふ☆がふ様

JASONです。

表記ご感想楽しく読ませていただきました。

キーシンの演奏については、ショパン200年・・・&キーシン&ブログで検索すると
個人の感想ブログがいっぱい出てきます。中には当日会場で体験した方も
おられました。(羨ましい限り!)

バレンボエムのショパンは新しい解釈というより、彼がショパンを弾いたらどうなるか
といった感じの内容でした。やっぱしベートーベンになってましたけど(笑)。
過去のメンデルゾーンの無言歌全集や最近のバッハの平均律全集なんかも
そうした印象を受けました。

ではまた。

No title

JASONさん、こんにちは。いつもありがとうございます。

キーシンの感想は好意的なものが多いですね。今やまさに現代を代表するピアニストですね。

バレンボイム、やっぱり(何でも?)ベートーヴェンですよねえ。でも彼のメンデルスゾーンは結構好きです。

ところで、ショパンなのにツィメルマンはどうしているのかな?

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター