シューマン ザ・マスターワークス~主要作品集(35CD)

Masterworks
Masterworks
posted with amazlet at 10.04.14
R. Schumann
(2010-05-25)
売り上げランキング: 471

クラシック音楽CD激安廉価盤紹介。やはり出ました。ドイツ・グラモフォンから、シューマン生誕200年記念激安CDボックスセットが!35CDで約9000円!まだ発売前で、予約受付中。
シューマンの主要曲を収めたボックス。しかし、シューマンの曲ってこれだけあったのですね。こうやってじっくり見るのは初めてです。

それだけやはり一部の曲ばかりが有名だったというのが、これまでのシューマン受容の実態だったと言わざるを得ません。

私もピアノ曲全般、有名歌曲、交響曲、協奏曲、一部の室内楽曲以外あまり聴いたことはありません。それでも結構聴いているほうだと思います。

このボックスは以上以外の曲も収めており、記念年にふさわしい意義深いものです。

演奏はもちろんDGが誇る有名どころですが、意外なのは、交響曲全集がガーディナー盤なこと。バーンスタインで決まりかと思っていたけど。『ツヴィッカウ交響曲』のほか、交響曲第4番を2ヴァージョン収録していることが考慮されたものと思われます。

レーベルはDGですけど、例によってデッカ、フィリップスからも選んでいます。

ガーディナーの交響曲全集を筆頭に、ハレルのチェロ協奏曲、シェリングのヴァイオリン協奏曲、クレーメル・アルゲリッチのヴァイオリン・ソナタ、ハーゲン四重奏団の弦楽四重奏曲にボザール・トリオのピアノ三重奏曲全集&ピアノ四重奏曲、エッシェンバッハ、ポリーニ、アシュケナージ(ピアノ協奏曲も)のピアノ曲 ホリガーのオーボエ作品、ヴラトコヴィチのホルン作品、フィッシャー=ディースカウ、マティス、シュライヤーの歌曲等々。

最も重要な有名ピアノ曲は、ポリーニ、アシュケナージでがっちり押さえてますので、初心者にもお薦め。それにポリーニは近年の録音を惜しげもなく投入していてそこは本当にすごい。そこらへんを国内盤で定価で買ったらもうこのボックスより高いんじゃないかと思うくらい。以下の3枚(と1枚)。これを買おうと思っている人はこのボックスにしてはいかがでしょう。

初回生産限定だそうです。

CD28
・交響的練習曲 Op.13
・アラベスクハ長調 Op.18
 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 1981&83 DG(デジタル)

CD29
・ダヴィッド同盟舞曲集 Op.6
・ピアノ・ソナタ第3番 Op.14[1836年版]
 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 2000 DG(デジタル)

CD30
・アレグロ ロ短調 Op.8
・クライスレリアーナ Op.16
・暁の歌 Op.133
 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 2001 DG(デジタル)

CD32
・ピアノ・ソナタ第1番嬰へ短調 Op.11
・幻想曲ハ長調 Op.17
 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 1973 DG(ステレオ)

詳細曲目はhmvのザ・マスターワークス~主要作品集(35CD)のページ




スポンサードリンク


関連記事リスト
ルービンシュタイン・プレイズ・ショパン(10CD)
RCAリヴィング・ステレオ(60CD)12000円!
シューマン ザ・マスターワークス~主要作品集(35CD)
ピアノ・マスターワークス徹底紹介5(全5回)
ピアノ・マスターワークス(50CD)徹底解説 4 全5回予定 

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター