曽根麻矢子 チェンバロ・リサイタル 

NHK-FMクラシック音楽番組おすすめプログラム。3月29日のベストオブクラシック。
三重県・津市白山総合文化センターで2009年6月29日に行われた、曽根麻矢子、チェンバロ・リサイタル。

彼女はフランスの名門レーベル・エラートにバッハの有名曲を何枚もレコーディングするなど、若くから活躍しています。

私も彼女の初期(もう20年くらいも前!)のCDを聴き、すばらしいチェンバロ奏者が日本から出たものだなあと思いました。

今回もバッハから、ラモー、スカルラッティなど、チェンバロではお馴染みのレパートリー。初期とはまた違う、深みのある演奏を聴かせてくれるのではないでしょうか。

しかも現在、2003年からJ.S.バッハの全曲演奏会を行うという大きな活動も行っており、合わせてCDもリリースと、まさに脂の乗った彼女の今が聴けることでしょう。

曲目の詳細(NHK番組表)

バッハ:イギリス組曲第3、2&6番
曽根麻矢子
ワーナーミュージック・ジャパン (2002-01-23)
売り上げランキング: 174056
おすすめ度の平均: 5.0
5 流石はスコット・ロスのお弟子さん(笑)まあー物凄いハイテンションな演奏ですねぇ。
5 2度と再現できない、若いときだけにしか実現することが許されない演奏
5 デビュー盤。新盤よりも良い

曽根麻矢子のCDをアマゾンで見る

曽根 麻矢子(そね まやこ)1964年東京都生まれ。日本のチェンバロ奏者。
桐朋学園高校ピアノ科卒業。1986年、ブルッヘ国際チェンバロコンクールに入賞。スコット・ロス、ケネス・ギルバート、グスタフ・レオンハルトといったチェンバロ界の大御所の指導を受ける。
一時はパリに拠点を置き、フランスや日本を中心に活躍。現在は日本を拠点にしている。1996年出光音楽賞受賞、1997年飛騨古川音楽大賞奨励賞を受賞。

ディスコグラフィー(J.S.バッハが多い)

イギリス組曲 No. 2, 3, &6
情熱のファンダンゴ
シネマ・チェンバロ
Je l'aime
ゴールドベルク変奏曲
フランス組曲
トッカータ
ラティーナ (以上、エラート・レーベル)
シャコンヌ
イギリス組曲
フランス組曲
イタリア協奏曲、フランス風序曲
平均律クラヴィーア曲集第1巻
ゴールドベルク変奏曲 (以上、エイベックス・レーベル)



メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
NHK-BS クラシック音楽番組 4月の見どころ/おすすめ
ドイツのオーケストラ特集 NHK-FM ベストオブクラシック プログラム紹介
曽根麻矢子 チェンバロ・リサイタル 
月曜からのNHK-FM・ベストオブクラシックはシューベルト歌曲三昧
今週のNHK-FM ベストオブクラシック プログラム紹介
スポンサードリンク

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター