20世紀の偉大なるピアニストたち3 (20枚分)

20世紀の偉大なるピアニストたちの演奏家・曲目データ集3。60タイトル目から80タイトル目まで。
既出音源が多く、なかなか珍しいものは少ないこのシリーズですが、モノラル期の旧時代の巨匠の録音がまとまって聴けるのはやはりすごい。

コヴァセヴィチやアラウはあまり聴かれなくなり、廃盤が多いようなので、貴重かも。フランソワはステレオ音源を入れて欲しかった…。ゲザ・アンダなども懐かしいですね。

シフが出てきますね。ぜひ聴いて欲しい人のひとりです。

ジョルジュ・シフラ  PHCP-20621/2

リスト:ポロネーズ 第2番 ホ長調、ペトラルカのソネット 第123番、BACHによる幻想曲とフーガ、ため息(《3つの演奏会用練習曲》 第3番)、タランテラ(《巡礼の年》 第2年補遺〈ヴェネツィアとナポリ〉第3曲)、レジェレッツァ(《3つの演奏会用練習曲》 第2番)、波の上を歩くパオラの聖フランソワ(《2つの伝説》 第2番)、雪あらし(《超絶技巧練習曲》 第12番)、歌劇《ポルティチの娘》の主題による華麗なタランテラ、メフィスト・ワルツ 第1番/ ショパン:練習曲集 作品10(全12曲)、練習曲集 作品25(全12曲)、ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53《英雄》

録音:1963年3月、1958年、1958年1月、1957年3月、1962年、1962年11月

サンソン・フランソワ  PHCP-20625/6

ショパン:即興曲第1番変イ長調作品29、即興曲第2番嬰ヘ長調作品36、即興曲第3番変ト長調作品51、即興曲第4番嬰ハ短調作品66《幻想即興曲》、 ピアノ・ソナタ 第2番変ロ短調作品35、ワルツ第11番変ト長調作品70の1、 ワルツ第1番変ホ長調作品18《華麗なる大円舞曲》、ワルツ 第13番変ニ長調作品70の3、ワルツ第7番嬰ハ短調作品64の2、バラード第1番ト短調作品23、バラード第2番ヘ長調作品38、バラード第3番変イ長調作品47、バラード第4番ヘ長調作品52/J.S.バッハ編曲:ブゾーニ: トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調BWV564/モーツァルト:きらきら星変奏曲 K.265(《ああ、ママに言うわ》による12の変奏曲 ハ長調)/シューマン:トッカータ ハ長調 作品7/ フォーレ:即興曲第2番ヘ短調作品31、ノクターン第2番ロ長調作品33の2/ ドビュッシー:月の光(ベルガマスク組曲より)、喜びの島、 ピアノのために/プロコフィエフ:トッカータ 作品11/ ラヴェル:スカルボ(《夜のガスパール》より)

録音:1957年11月、1956年9月、1952年6月、1955年12月、1954年10月、1955年6月、 1955年10月、1954年7月、1961年7月、1953年4月、1947年9月〈モノラル録音〉

レオポルト・ゴドフスキ  PHCP-20629/30

ショパン:ノクターン第19番ホ短調作品72の1・第1番変ロ短調作品9の1・第2番変ホ長調作品9の2・第4番ヘ長調作品15の1・第5番嬰ヘ長調作品15の2・第7番嬰ハ短調作品27の1・第8番変ニ長調作品27の2・第9番ロ長調作品32の1・第11番ト短調作品 37の1・第12番ト長調作品37の2・第14番嬰ヘ短調作品48の1・第15番ヘ短調作品55の1、エチュード変ト長調作品10の5《黒鍵》・変ト長調作品25の9《蝶々》、スケルツォ第4番ホ長調作品54/シューベルト(編曲/ゴドフスキ):朝の挨拶(《美しき水車小屋の娘》 D.795より)、おやすみ(《冬の旅》 D.911より)/ヴェルディ(リスト編):リゴレット・パラフレーズ/シューマン:謝肉祭作品9/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第26番 変ホ長調 作品81a 《告別》/グリーグ:バラードト短調 作品24/ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35

録音:1928年6月)、1928年、1930年6月、1926年9月)、1929年5月、1930年4月〈モノラル録音〉

ジョン・オグドン〈2〉  PHCP-20633/4

ラフマニノフ:前奏曲嬰ハ短調作品3の2・ ト短調作品23の5・ト長調作品32の5・ 嬰ト短調作品32の12、練習曲集《音の絵》 作品33(第1番ヘ短調・第2番ハ長調・第3番ハ短調・第5番ニ短調・第6番変ホ短調・第7番変ホ長調・第8番ト短調・第9番嬰ハ短調)、 練習曲集《音の絵》作品39(第1番ハ短調・第2番イ短調・第3番嬰ヘ短調・第4番ロ短調・第5番変ホ短調・第6番イ短調・第7番ハ短調・第8番ニ短調・第9番ニ長調)/バラキレフ: イスラメイ/リスト:メフィスト・ワルツ 第1番 《村の居酒屋での踊り》、愛の夢第3番 変イ長調、葬送(《詩的で宗教的な調べ》より)、ダンテを読んで(《巡礼の年》 第2年:〈イタリア〉より)/ モーツァルト(リスト編):《ドン・ファン》の思い出/リスト(ブゾーニ編):ラ・カンパネッラ(《パガニーニによる大練習曲》より)/ ヴェルディ(リスト編)《シモン・ボッカネグラ》の思い出

録 音:1972年、1962年、1974年、1968年、1963 年、1985年11月

アンドラーシュ・シフ  PHCP-20637/8

J.S.バッハ: 2声のインヴェンションBWV772a/786、3声のインヴェンション BWV787/801、半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903、イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV807/ モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第15番 ハ長調 K.545、 ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調 K.576/シューベルト:楽興の時 作品94 D.780(全6曲)、3つのピアノ小品 D.946(全3曲)

録音:1983年9月 ロンドン、1982年12月 ロンドン、1988年1月 ケンブリッジ、1980年2月ロンドン、1990年1月 ウィーン、1988年8月 ウィーン〈デジタル録音〉

ヴラディーミル・ソフロニツキ   PHCP-20639/40

ショパン:ポロネーズ第1番嬰ハ短調作品26の1、ワルツ第9番変イ長調 作品69の1《別れ》・第12番ヘ短調作品70の2・第13番変ニ長調作品70の3、即興曲第3番変ト長調作品51、舟歌嬰ヘ長調作品60、ノクターン第7番嬰ハ短調作品27の1・第8番変ニ長調作品27の2、マズルカ第 26番嬰ハ短調作品41の1・第27番ホ短調作品41の2・第40番ヘ短調作品63の2・第24番ハ長調作品33の3・第25番ロ短調作品33の4・第 51番ヘ短調作品68の4・第19番ロ短調作品30の2・第20番変ニ長調作品30の3・第21番嬰ハ短調作品30の4・第32番嬰ハ短調作品50の3/スクリャービン:ピアノ・ソナタ第3番作品23、ピアノ・ソナタ 第9番作品68、ピアノ・ソナタ 第2番作品19《幻想ソナタ》:第1楽章、詩曲《焔に向かって》作品72、2つの舞曲作品73、前奏曲変ロ短調作品11の16、前奏曲変ロ長調作品35の2、前奏曲変ロ長調作品37の1、2つの詩曲作品32、練習曲作品42の3、ピアノ・ソナタ 第4番 作品30

録音:1960年1月、1960年2月 モスクワ、1960年

エトヴィン・フィッシャー〈1〉  PHCP-20623/4

J.S.バッハ:《平均律クラヴィーア曲集》より
〈第1巻:プレリュードとフーガ〉第4番嬰ハ短調BWV849、第12番ヘ短調BWV857、第14番嬰ヘ短調BWV859、第16番ト短調 BWV861、第20番イ短調BWV865、第22番変ロ短調BWV867、第23番ロ長調BWV868、第24番ロ短調BWV869
〈第2巻:プレリュードとフーガ〉第4番嬰ハ短調BWV873、第6番ニ短調 BWV875、 第9番ホ長調BWV878、第21番変ロ長調BWV890、第22番変ロ短調BWV891、半音階的幻想曲とフーガニ短調BWV903、前奏曲(幻想曲)イ短調BWV9221、幻想曲とフーガ イ短調
主、イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ BWV639
ピアノ協奏曲第1番ニ短調BWV1052(*)、ピアノ協奏曲第4番イ長調BWV1055(*)、ピアノ協奏曲 第5番 ヘ短調 BWV1056(*)

エトヴィン・フィッシャー(ピアノ)(指揮*)、エトヴィン・フィッシャー室内管弦楽団(*)
録音:1933年4月 ロンドン、1933年9月 ロンドン、1934年5月 ロンドン、1934年8月ロンドン、1935年6月 ロンドン、1936年6月 ロンドン、1931年10月 ロンドン、1937年、1937年3月ロンドン、1933年1月 ベルリン、1936年10月 ベルリン、1938年11月 ベルリン、1933年〈モノラル録音〉

イグナツ・フリードマン  PHCP-20627/8

ショパン:バラード 第3番 変イ長調 作品47、即興曲 第2番 嬰ヘ長調 作品36、 ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53《英雄》、ポロネーズ 変ロ長調 作品71の2、前奏曲 第15番 変ニ長調 作品28の15《雨だれ》、前奏曲 第19番 変ホ長調 作品28の19、ノクターン 第16番 変ホ長調 作品55の2、 マズルカ 第5番 変ロ長調 作品7の1・第6番 イ短調 作品7の2
・第7番 ヘ短調 作品7の3・第23番 ニ長調 作品33の2・第17番 変ロ短調 作品24の4・第25番 ロ短調 作品33の4・第26番 嬰ハ短調 作品41の1・第31番 変イ長調 作品50の2・第41番 嬰ハ短調 作品63の3・第46番 ハ長調 作品67の3・第47番 イ短調 作品67の4・第49番 イ短調 作品68の2、子守歌 変ニ長調 作品57、ワルツ 第3番 イ短調 作品34の2、ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35より 第3、4楽章、ワルツ 第6番 変ニ長調 作品64の1《小犬》、 エチュード 嬰ト短調 作品25の6、エチュード 変ト長調 作品10の5《黒鍵》、エチュード 変ト長調 作品25の9《蝶々》、エチュード ハ長調 作品10の7、 エチュード ハ短調 作品10の12《革命》/シューベルト(編曲/リスト):セレナード/リスト(編曲/ブゾーニ&フリードマン): ラ・カンパネッラ(《パガニーニによる大練習曲》より)/リスト: ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調/フンメル:ロンド変ホ長調作品11《ロンド・ファヴォリ》/ルビンシテイン:ワルツ・カプリース変ホ長調/ ウェーバー: 舞踏への勧誘 作品65/メンデルスゾーン:無言歌 イ長調 作品19の3《狩りの歌》・ ト短調 作品19の6《ヴェネツィアの舟歌》・イ長調 作品102の5《楽しき農夫》・嬰ヘ短調 作品30の6《ヴェネツィアの舟歌》・ハ短調 作品38の2《失われた幸福》・変イ長調 作品38の6《デュエット》・ 変ホ長調 作品53の2《浮き雲》・ヘ長調 作品53の4《心の悲しみ》・嬰ヘ短調作品67の2《失われた幻影》、スケルツォ 作品16の2(3つの幻想曲(カプリス)より)/ ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27の2《月光》

録音:1929年2月、1936年11月、1927年3月、1926年9月、1924年4月、1929年10月、 1930年2月、1930年9月、1930年10月、1928年2月、1923年12月、1928年10月、1926年2月、1931年12月、1925 年11月、1936年12月、1936年11月〈モノラル録音〉

スティーヴン・コヴァセヴィチ〈2〉  PHCP-20631/2

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第5番 ハ短調 作品10の1/ ショパン:ノクターン 第17番 ロ長調 作品62の1、ノクターン 第18番 ホ長調 作品62の2、 即興曲 第3番 変ト長調 作品51/ブラームス:4つのピアノ小品 作品119(全4曲)/ バルトーク:戸外にて BB 89, Sz.81(全5曲)、ソナチネ BB 69, Sz.55、ピアノ協奏曲 第2番 BB 101, Sz.95/ ストラヴィンスキー:ピアノと管楽器のための協奏曲/ベネット:ピアノ協奏曲 第1番

BBC交響楽団 指揮:サー・コリン・デイヴィス、ロンドン交響楽団 指揮:アレグザンダー・ギブソン
録音:1970年12月、1972年4月、1983年6月、1969年9月、1969年5月、1971年1月ロンドン、1968年12月 ロンドン

アルトゥール・ルービンシュタイン〈2〉  PHCP-20635/6

シューマン: ピアノ協奏曲 イ短調 作品54/グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16/ サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 作品22/ショパン: ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 作品21/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番変ロ短調 作品23

RCAビクター交響楽団、シンフォニー・オブ・ジ・エア、ボストン交響楽団
指揮:ヨーゼフ・クリップス、指揮:アルフレート・ウォーレンステイン、指揮:エーリヒ・ラインスドルフ
録音:1958年4月、1961年3月、1958年1月、1963年3月

ゲザ・アンダ PHCP-20641/2

バルトーク:ピアノ協奏曲 第1番 Sz.83、ピアノ協奏曲 第2番 Sz.95
、ピアノ協奏曲 第3番 Sz.119/モーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467/ショパン:ワルツ集(第1番 変ホ長調 作品18《華麗なる大円舞曲》、第2番変イ長調 作品34の1《華麗なる円舞曲》、第3番 イ短調 作品34の2《華麗なる円舞曲》、第4番ヘ長調 作品34の3《華麗なる円舞曲》、第5番 変イ長調 作品42、第6番 変ニ長調作品64の1《小犬》、第7番 嬰ハ短調 作品64の2、第8番 変イ長調 作品64の3、第9番変イ長調 作品69の1《別れ》、第10番 ロ短調 作品69の2、第11番 変ト長調作品70の1、第12番 ヘ短調 作品70の2、第13番 変ニ長調 作品70の3

ベルリン放送交響楽団、指揮:フェレンツ・フリッチャイ
ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、指揮:ゲザ・アンダ
録音:1959年9月 1960年10月 ベルリン、1961年10月 ザルツブルク

クラウディオ・アラウ〈3〉 PHCP-20645/6

ショパン:24の前奏曲集 作品28、前奏曲 第25番 嬰ハ短調 作品45、前奏曲 第26番変イ長調 遺作、夜想曲 第13番 ハ短調 作品48の1、夜想曲 第14番 嬰ヘ短調作品48の2/グラナドス:嘆き、またはマハと夜うぐいす(ピアノ組曲《ゴイェスカス》より)/リスト:アイーダ・パラフレーズ(ヴェルディの歌劇《アイーダ》による)、オーベルマンの谷/シューベルト:楽興の時 D.780/ドビュッシー:映像 第2集/モーツァルト:幻想曲 ハ短調 K.475

録音:1951年6月1969年3月 ドイツ、1971年10月 ロッテルダム、1973年4月1978年3月アムステルダム、1973年7月 ベルリン、1979年3月1990年11月 スイス

ワルター・ギーゼキング〈2〉 PHCP-20649/50

ドビュッシー:前奏曲集 第1巻(全曲)、前奏曲集 第2巻(全曲)、版画/モーツァルト:ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K.457/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 作品53《ワルトシュタイン》、ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 作品57《熱情》/ラヴェル:夜のガスパール

録音:1936年2月1937年1月 ロンドン、1936年9月1938年8月 ベルリン、1939年2月アメリカ〈モノラル録音〉

バイロン・ジャニス〈2〉 PHCP-20653/4

リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第1番嬰ヘ短調 作品1/プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 作品26、トッカータハ長調 作品11/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18/シューマン:クララ・ヴィークの主題による変奏曲作品14、3つのロマンス 作品28から 第2曲 嬰ヘ長調/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23

モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:キリル・コンドラシン/
ミネアポリス交響楽団、指揮:アンタル・ドラティ/ロンドン交響楽団、指揮:ハーバート・メンゲス
録音:1960年4月 ミネアポリス、1960年6月 ロンドン、1962年6月 モスクワ、1964年1月ニューヨーク

スヴャトスラフ・リヒテル〈3〉 PHCP-20657/8

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18、前奏曲 ハ長調 作品32の1、前奏曲変ロ短調 作品32の2、前奏曲 変ロ長調 作品23の2、前奏曲 変ニ長調 作品23の4、前奏曲ト短調 作品23の5、前奏曲 ハ短調 作品23の7/スクリャービン:練習曲 嬰ハ短調作品2の1、練習曲 ホ長調 作品8の5、練習曲 嬰ヘ短調 作品42の2、練習曲嬰ヘ長調 作品42の3、練習曲 嬰ヘ長調 作品42の4、練習曲 嬰ハ短調 作品42の5、練習曲変ニ長調 作品42の6、練習曲 変ロ短調 作品8の11、練習曲 変ホ長調 作品42の8、練習曲変ロ長調 作品65の1、練習曲 嬰ハ長調 作品65の2、練習曲 ト長調 作品65の3/シューマン:森の情景作品82《幻想小曲集》 作品12から、夕べに、飛翔、なぜ、夜に、夢のもつれ、歌の終わり、トッカータハ長調 作品7、幻想曲 ハ長調 作品17

ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:スタニスラフ・ヴィスロツキ
録音:1952年1月 モスクワ、1959年4月1959年5月 ワルシャワ、1956年11月プラハ、1961年8月 ロンドン

マルタ・アルゲリッチ〈2〉 PHCP-20643/4

ショパン:前奏曲 第25番 嬰ハ短調 作品45、ポロネーズ 第7番 変イ長調 作品61《幻想》、マズルカ第36番 イ短調 作品59の1、マズルカ 第37番 変イ長調 作品59の2、マズルカ第38番 嬰ヘ短調 作品59の3、スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 作品39、24の前奏曲集作品28、スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31、ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53《英雄》、ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58/シューマン:ピアノ・ソナタ 第2番 ト短調 作品22/リスト:ピアノ・ソナタロ短調、ハンガリー狂詩曲 第6番 変ニ長調

録音:1960年7月 ハノーヴァー、1967年1月1971年1月1974年7月 1975年10月ミュンヘン

ホルヘ・ボレット〈2〉 PHCP-20647/8

リスト:メフィスト・ワルツ 第1番、巡礼の年 第2年補遺《ヴェネツィアとナポリ》、葬送曲(《詩的で宗教的な調べ》より)、愛の夢第3番 変イ長調、レジェレッツァ(3つの演奏会用練習曲:第2曲 ヘ短調)、ラ・カンパネッラ(パガニーニによる大練習曲第3番)、ノルマの回想 S.394(ベルリーニの歌劇《ノルマ》による))、リゴレット・パラフレーズ(ヴェルディの歌劇《リゴレット》による)、ペトラルカのソネット第104番(《巡礼の年:第2年》より)、夕べの調べ(超絶技巧練習曲:第11番 変ニ長調)、小人の踊り(2つの演奏会用練習曲:第2曲嬰ヘ短調)、
泉のほとりで(《巡礼の年:第1年》より)、コンソレーション 第3番 変ニ長調、ハンガリー狂詩曲第12番 嬰ハ短調、回想(超絶技巧練習曲 第9番 変イ長調)、ドン・ジョヴァンニの回想(モーツァルトの歌劇《ドン・ジョヴァンニ》による)

録音:1978年12月1982年2月 1982年9月 1983年3月1983年10月1985年3月 ロンドン、1988年4月アメリカ

エミール・ギレリス〈3〉 PHCP-20651/2

ブラームス:ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 作品83/グリーグ:《叙情小品集》からメロディ作品47の3、小川 作品62の4、孤独なさすらい人 作品43の2、蝶々 作品43の2/シューベルト:幻想曲ヘ短調 D.940(連弾のための)/クレメンティ:ピアノ・ソナタ ハ長調 作品34の1/シューマン:アラベスクハ長調 作品18/ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35《葬送》、ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58、練習曲 第14番 ヘ短調 作品25の2

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:オイゲン・ヨッフム、エレーナ・ギレリス(ピアノ)
録音:1959年1960年1961年1968年1972年6月 1974年6月1978年7月 ベルリン
ヴィルヘルム・ケンプ〈3〉 PHCP-20655/6

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第8番 ハ長調 K.246、グルックの《メッカの巡礼》の〈おろかな民が思うには〉による10の変奏曲ト長調K.455/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第11番 変ロ長調 作品22/ブラームス:2つのラプソディ作品79/シューベルト:ピアノ・ソナタ 第15番 ハ長調 D.840《レリーク》/ベートーヴェン:ロンドハ長調 作品51の1、ピアノ・ソナタ 第2番 イ長調 作品2の2/シューマン:3つのロマンス作品28/フォーレ:ノクターン 第6番 変ニ短調 作品63

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:フェルディナント・ライトナー
録音:1945年 ハンブルク、1951年12月1953年1月1967年1月1972年2月 ハノーヴァー、1953年11月ロンドン、1956年 シュトゥガルト、1962年1月 ベルリン

ロザリン・テューレック〈2〉 PHCP-20659/60

J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988、フランス風序曲(パルティータ) ロ短調 BWV831、イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971、デュエット 第1番 ホ短調 BWV802、デュエット第2番 ヘ長調 BWV803、デュエット 第3番 ト長調 BWV804、デュエット 第4番イ短調 BWV805

録音:1957年6、8月 1959年6月 ロンドン

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
ブラームス ピアノ独奏曲全集(5CD) ペーター・レーゼル盤
ビゼー 「カルメン」「アルルの女」組曲 シャルル・デュトワ指揮
20世紀の偉大なるピアニストたち3 (20枚分)
究極のバッテリー駆動?
もう遅い?ソニーウォークマン用高品位ライン出力対応ドックケーブル
スポンサードリンク

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター