フィギュアスケート女子の使用曲について、クラシック音楽愛好家の観点から

バンクーバーオリンピック、女子フィギュアスケートの結果はみなさんそれぞれの受け止め方があるでしょう。

ここではそれを深く論じませんが、このページのテーマである、音楽の点から見てみたいと思います。
浅田真央選手の音楽はSPもFSもクラシック音楽。まあいろいろな意見があるようです。

SPは以前のFSでも使った、ハチャトゥリャンの「仮面舞踏会」の中の一曲「ワルツ」。ハチャトゥリャンというと、「剣の舞」が有名。これはマイナーな曲。CDもあまりなく、自作自演盤と、キリル・コンドラシン盤くらいでしょう。ほかに、あのロイヤル・フィルハーモニックコレクションのなかにこれを収録した盤がある、と手元にある目録でわかりました。

ただ、このコンドラシン盤は、盤全体は有名で、ステレオ初期の優秀録音として知られているものです。

道化師~ロシア管弦楽名演集
コンドラシン(キリル)
BMG JAPAN (2007-11-07)
売り上げランキング: 1741
おすすめ度の平均: 4.0
4 仮面が全曲入っていてうれしい
5 浅田真央選手のフリー曲
3 録音が
5 異国の薫り

FSはラフマニノフの前奏曲 嬰ハ短調「鐘」Op.3-2 。ラフマニノフは結果として24曲の前奏曲を作曲しており、これは最初の一曲目。まだロシアにいたころのもの。ラフマニノフにとりつかれたピアニスト、ディビット・ヘルフゴットの壮絶な半生を描いた映画「シャイン」にも使われていました。

前奏曲集全曲のCDとしてはなんといってもアシュケナージ盤が代表盤でしょう。ほかにアレクシス・ワイセンベルク盤もCD一枚でお得(2枚組みになりやすい)。

ラフマニノフ:前奏曲集
アシュケナージ(ヴラディーミル)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2009-11-11)
売り上げランキング: 1201

フィギュアスケートの音楽はクラシック音楽が多いものですが、そのなかでも特定の作曲家が多いですね。ラフマニノフもそうですし(今回もパガニーニの主題による狂詩曲を使う人がいた)、サン=サーンスも多い。クールな感じがスケートにあうのかな?ビゼーの「カルメン」なんか今回かぶっていましたね。

また、アストル・ピアソラを使う人も多い気がしますね。

さて、浅田選手今度は何の曲を使うのでしょうか。




メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

関連記事リスト
ゴールデンタイムの地上波TVにクラシック音楽演奏家が登場
ついにショパン生誕200年の日ですね
フィギュアスケート女子の使用曲について、クラシック音楽愛好家の観点から
あのドイツ・グラモフォンがネットラジオに進出?
エソテリックからまたSACDが発売、カラヤン、ムラヴィンスキーの名盤。
スポンサードリンク

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター