iPod徹底活用 ヘッドホングレードアップ上級編 ヘッドホンアンプをプラス!

iPodとヘッドホンで高品質リスニングをしようとするなら、ヘッドホンをグレードアップするだけでなく、iPodとヘッドホンの間にヘッドホンアンプを入れるという方法もあります。
iPodのクオリティは決して低いものではありません。それどころか、デジタルトランスポートとしての潜在能力は、従来のCDプレーヤーを超えるかもしれないとも言われています。

ただ、それはあくまで、デジタルデータのレベルであって、オーディオ機器は、デジタルをアナログ音声データに変換しなければ聴けません。

この変換部分はDAC、アナログ回路、アンプ部などからなり、このクオリティも最終的な音質を左右します。

iPodはここがそれなりだと言われているのです。

ヘッドホンで聴く場合も、ヘッドホンアンプ部がローインピーダンスや低音圧レベルの高級ヘッドホンを十全に駆動できるほどのものではないということです。

その対策として、外部ヘッドホンアンプを加えるというものがあります。

そのための製品もいくつかあります。

ここで気をつけたい点は、iPodのヘッドホンアンプを経由させずにつなぐことです。

非力なアンプと余計なボリューム回路を経てしまうからです。普通のオーディオ機器はたとえポータブルでも、外部機器接続用にアンプやボリュームを経ないいわゆるライン出力(アナログ音声出力)があったものですが、iPodにはありません。

では、iPodにラインでつなぐ方法なないかと言えば、あります。iPodはデジタルやラインの接続をライセンス認証という形で、許可したメーカーの許可した機器で行えるようにしています。つまり、アップル社と契約した特定の機器はアナログ/デジタル信号を本体から直接引き出せるのです。

こうした機器で、信号を引き出して、外部アンプにつなぐか、あるいは、引き出した信号ごと増幅する一体型アンプを使用すればいいのです。

前者はやや面倒ですが、ヘッドホンアンプの選択や交換が容易。後者は手軽といえます。

また、ポータブル用にはアナログ接続、自宅用にはデジタル接続機器を、という使い方もできます(現実問題として、まだアウトドアでのデジタル接続は難しい)。

ライン出力用アダプター(ライン入力型ヘッドホンアンプと組み合わせる)
AUDIOTRAK iPodオーディオケーブル3GS 10cm AT-iacS3
AUDIOTRAK (2009-08-21)
売り上げランキング: 1618


ヘッドホンアンプ一体型の低価格機(2500円程度)
iPod,iPhone専用ヘッドフォンアンプ FiiO E1 ホワイト
fiio
売り上げランキング: 8412
おすすめ度の平均: 4.0
4 安価ですが
4 音が整う
4 低価格のリモコンとして考えれば★★★★★です。
3 音は良いんだ!音は…


こちらは定評あるオーディオテクニカ製。
audio-technica iPod専用ポータブルヘッドホンアンプ AT-PHA30i WH
オーディオテクニカ (2009-12-18)
売り上げランキング: 1111
おすすめ度の平均: 4.0
4 繋ぐヘッドホン(イヤホン)によって違います。
4 高音・低音がはっきり聴こえるようになりました。
4 第5世代nanoで使ってます
5 ヘッドホン買い替えより効果大かも
2 E5の方がいい





スポンサードリンク


関連記事リスト
NHK-FMのクラシック音楽番組一覧
ショパン:ピアノ作品全集(13CD)ウラディーミル・アシュケナージ盤(デッカ)
iPod徹底活用 ヘッドホングレードアップ上級編 ヘッドホンアンプをプラス!
チャイコフスキー 三大バレエ抜粋 カラヤン指揮ウィーン・フィル
iPod徹底活用 ヘッドホングレードアップのお薦め 直挿し編

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター