BSデジタルなどデジタルTV放送の音質についての基本情報

テレビのデジタル化に伴い、音声の規格もデジタル化されました。ではその規格、クオリティとは。とくにオーディオの観点からはどうなのでしょうか。
デジタルTV放送では、従来のステレオに加えて、5.1ch(チャンネル)サラウンド放送も可能になりました(地上波も全て)。とくにNHK-BSでは積極的に活用しています。

デジタル音声上の規格としては16ビット/48kHzで、一見なかなかのものです。ところが、これはAACという圧縮音声なのです。

アナログBS放送もデジタル音声で16ビット/48kHzながら、Bモードステレオ時はリニアPCMでした。

なんと、BSデジタルになって、ステレオ音声規格上は、アナログBSよりも、劣っているということです!

まあ、決まったことですし、仕方ありません。それに、圧縮しているからといって、即、だめだなどと決め付けることもできない気もします。圧縮の方式・率によっては、リニアPCMに遜色のない音質が得られるという意見も多いのです。実際、CDの5分の一程度の圧縮ですと、聞き分けは出来ないほどだ、とされています。オーディオ好きはなかなかその説明に納得しない人も多いようですが。

BSデジタル音声の場合、ステレオのビットレートは最大256kbps。これはCD5分の一相当(CD:1.41Mbps)。なんとか十分でしょう。

ただ、5.1chサラウンドの場合、最大320kbps。これは少し苦しいかも。

それでも、放送波で、良質な音楽番組をデジタルで記録・再生できる意義は大きいものがあると思います。NHK-BSのクラシック音楽番組には本当にそう思います。

アナログBS放送もまだ継続中なので、こだわる向きは、そちらで記録している人もいるようです。

私はステレオ音声ならリニアPCMと違うのか聞き分ける自信はありません。

なお、これらの情報は、NHKなどのページで得たというより、たとえば逸品館とか、オーディオの科学といったホームページも参考にしました。とくにオーディオの科学は、非常に詳細な情報があります。より詳しく知りたい人は見てみてはいかがでしょうか。

良質なBS音声を聴くには、デジタル出力以降のDACも重要です。AAC非対応のDACでも、リニアPCM変換のデジタル出力を入れれば聴くことができるので、それを試してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク


関連記事リスト
iPod徹底活用 iPodを中心としたシステム構成パターン
20世紀の偉大なるピアニストたち1 30タイトル分
BSデジタルなどデジタルTV放送の音質についての基本情報
ショスタコーヴィチ 交響曲第1&15番 ゲルギエフ
クラシック音楽CD分冊CDもの最新作 ウィーン・フィル 魅惑の名曲(小学館)全リスト・解説、あれ?でもこれって…

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター