ショスタコーヴィチ 交響曲第1&15番 ゲルギエフ

Shostakovich: Symphonies Nos. 1 & 15

Mariinsky (2009-08-11)
売り上げランキング: 37203

ロシア出身の世界的指揮者、ヴァレリー・ゲルギエフ。しかし彼は所属レコードレーベル・フィリップスのデッカへの統廃合により、メジャーレーベルでの居場所を失いました。しかし、新たなレーベル「マリインスキー」を立ち上げ、録音を開始しました。
ゲルギエフの動向を気にかけていたクラシック音楽愛好家は多かったでしょうから、新たな動きがはっきりして、ほっとしている人も多いことでしょう。

このレーベルはロシア政府も後押ししているようですし、まずは大丈夫でしょう。

ただ、当分は手兵のマリインスキー劇場管弦楽団との録音ばかりになってしまうのでしょうか?

たしかに手兵との演奏もいいのですが、ウィーン・フィルとのライブのCD化はされるのでしょうか。

ショスタコーヴィチの交響曲第4番のウィーン・フィルとのライブもすばらしかっただけに。

このCDはショスタコーヴィチの最初と最後の交響曲。SACDハイブリット。

他にチャイコフスキーの「1812年」などのCDもあるようです。

もちろん今後も楽しみです。

スポンサードリンク


関連記事リスト
20世紀の偉大なるピアニストたち1 30タイトル分
BSデジタルなどデジタルTV放送の音質についての基本情報
ショスタコーヴィチ 交響曲第1&15番 ゲルギエフ
クラシック音楽CD分冊CDもの最新作 ウィーン・フィル 魅惑の名曲(小学館)全リスト・解説、あれ?でもこれって…
ヘッドホン愛好家にはうれしいけれど、ヘッドホン業界はバブル?よく考えて選ぼう(現行メーカー一覧・製品数リストつき)

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Ferret

リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター