FC2ブログ


「TPP11」12月30日発効!クラシックのパブリックドメインはどうなる?

TPP11の今年12月30日の発効が決定しました。これにより、著作権および著作隣接権の保護期間がこれまでの50年から70年へと延長される法律も12月30日に有効になります。

そのため、2018年からは当分の間、新たに著作権および著作隣接権が切れて、クラシック音楽録音のパブリック・ドメインに作品が増えることはありません。

現在までにすでにパブリック・ドメインとなっている録音の権利が復活することはありません(移行措置)。

大変残念です。これで日本国内で合法的に1968年以降に発売された録音を格安や無料で配布、販売することは当分できません。有名な「Blue Sky Label」のようなサイトの運営に影響をきたさないかが大変気がかりです。

これでも抜け道はあるかと思っていました。

というのもEUの著作隣接権は70年です。著作権は相互主義の原則があるので、双方で保護期間が異なる場合、短い方を適用することになっているのです。これに着目すれば現在フランス資本の傘下になっているユニバーサルミュージック系音源(DG、デッカ、旧フィリップスなど)なら来年以降も日本国内で自由に公開できそうです。

ところが、「Blue Sky Label」の管理人さんが文化庁に問い合わせたところ、答えは「No」でした。著作隣接権は「相互主義」が適用される著作権に含まれると明記されていないから、著作隣接権には「相互主義」は適用されないと解釈されるとのためだそうです。
TPP11発効に伴う著作権法の改訂について

これには異論の余地もありますが、どうしてもはっきりさせるには裁判を起こすしかなく、個人レベルではまず無理で、パブリックドメイン音源を扱う業者のような人が行動するしかないでしょう。

クラシック音楽のステレオ初期の録音には演奏、録音ともに大変素晴らしいものが大量にあります。これを無料でしかもCD品位でダウンロードできる「Blue Sky Label」も大変すばらしい存在です。すでにアップされている音源も膨大ですので、楽しむのには十分です。これからも「Blue Sky Label」にはサイト存続を頑張って欲しいと思いますが…。

EU内でクラシック音源を無料配布するサイトができることも期待します。


スポンサードリンク


関連記事リスト
「TPP11」12月30日発効!クラシックのパブリックドメインはどうなる?
ブラームス 交響曲第3番 カラヤン指揮ウィーン・フィル DSDハイレゾ無料ダウンロード付き!
ベートーヴェン 交響曲第5番 運命 シャルル・ミュンシュ DSDハイレゾ無料ダウンロード付き!
チャイコフスキー 白鳥の湖 ハイライト フィストゥラーリ DSDハイレゾ無料ダウンロード付き!
フォーレ レクイエム アンドレ・クリュイタンス DSDハイレゾ無料ダウンロード付き!


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター