FC2ブログ


SONY DMP-Z1

DMP-Z1.jpg
香港でいきなりソニーの超弩級ポータブルオーディオプレーヤーが発表され、驚きを巻き起こしています。

香港にて8月10日~12日に開催されるハイエンドAV機器の見本市「Hong Kong High End Audio Visual Show」が行われるということで、これに合わせてソニーは多くのポータブルオーディオ機器を発表しました。

なかでも、究極のサウンドを追求するという“Signatureシリーズ”の一環としてイヤホン「IER-Z1R」と同時に発表されたのがDMP-Z1。

現地発表価格は61,880香港ドル。なんと日本円で約88万円という高額機。

据え置きの小型USB-DACのようにも見えますが、バッテリーを搭載したれっきとした「ポータブルオーディオプレーヤー」。

アルミニウムモノコックシャーシとフレームを採用。外形寸法は約138W×68.1H×278.7Dmmと音質重視設計のためか大きめ。3.1型、タッチ対応の800×480ドットの液晶ディスプレイを備えています。内蔵メモリとして256GBを搭載するほか、拡張用としてmicroSDカードスロットを2基搭載。バッテリーでの動作時間は、ハイレゾファイルの再生で約9時間、非ハイレゾファイルでは約10時間と短め。

実際、現在のウォークマンとは異なる大きな点があります。それはヘッドホンアンプ部で、現行最上位のNW-WM1A/Zも含め、ハイレゾウォークマンはみな、S-masterと称するデジタルアンプですが、本機ではアナログアンプ方式。そのため、DACも必要なため旭化成エレクトロニクスの「AK4497EQ」を2基搭載しています。

AIを活用するという新DSEE HXや、アナログレコードの音質を再現するという「Vinyl Processor」などの新技術も搭載。各種デジタル音源を5.6MHz相当のDSD信号に変換してから再生する「DSDリマスタリングエンジン」も搭載。

PCMは384kHz/32bitまで、DSDは11.2MHzまでのネイティブ再生が可能。USB-DAC機能、SBC/LDAC/aptX/aptX HD対応のBluetooth送信機能も装備。

ヘッドホン出力として、3.5mmのステレオミニアンバランスと、4.4mm 5極のバランス出力を搭載。ヘッドホン部のボリュームはハイエンドアナログロータリーボリュームを採用。これもアナログヘッドホンアンプ採用とともに特徴的。

ソニーの「ポータブルオーディオプレーヤー」なら「ウォークマン」なわけですが、本機にはその冠は付いていないようで、意図はあるのでしょうが、現時点では理由は不明です。大きくて重いから、などと言う人もいますがさて…。

業界ハイエンドDAPと言えば、韓国アイリバーのAKシリーズと相場が決まっていました。ソニーは静観を続けていて、あるいはAKには対抗しないのかとさえ思っていましたが、実際はやる気があったことがいきなりわかって驚きました。

まさか日本で発売しないことはないでしょうが、一体いくらになるのでしょう。海外価格よりは安くなりますが70万円台にはなるのでしょうか。

据え置き機としてもハイパフォーマンスを狙うということなので、本機を買えばフルサイズの据え置き機がいらないという音質は期待したいです。それならネットワークオーディオプレーヤーは必要だったと思いますが、積んでいないのでしょうか。また、プリアンプとして使えることも求められますが、これについてもよくわかりません。国内発表でもっと詳しい情報が欲しいところです。

スポンサードリンク


関連記事リスト
HIFIMAN R2R2000
SONY DMP-Z1
HiBy R3
FiiO X3 Mark III
COWON PLENUE R


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター