SONY STR-DH190


新製品オーディオ機器紹介 。

ソニーがひさびさにエントリークラスのプリメインアンプをモデルチェンジしました。ステレオプリメインアンプ「STR-DH190」を4月21日に発売。価格は22,500円。

2009年発売のSTR-DH100(3万円)の後継機です。2010年の記事で紹介していました。
ソニーのエントリークラスプリメインアンプ STR-DH100 その設計意図は?

今回は前機種よりも大幅に低価格化しています。同時発表のAVアンプと同じシャーシを使うことなどで低価格化を実現させたというのが理由のようです。

それでいて機能面は充実。MMカートリッジ対応のフォノ入力を備えレコードプレーヤーと接続でき、Bluetooth入力も備えます。いずれも先代にはないものです。フォノは最近のレコード復活人気に、Bluetoothはこの数年での爆発的な普及に応じたもの。FMラジオも搭載し、ワイドFMにも対応。先代はAMにも対応していましたが。

BluetoothはAACとSBCコーデックに対応。また、ペアリングしたスマートフォンからBluetoothで音楽再生した際に、本機の電源がオフの状態でも起動できるBluetoothスタンバイ機能も備えています。AACはiOS機との接続に便利ですが、ここはLDACコーデックにも対応して欲しかったところです。

デジタル入力はBluetoothワイヤレスのみで、有線でのデジタル入力はSFDIF、USB、ネットワークのいずれも持ちません。

アンプ部は広帯域かつローノイズを実現したというリニア広帯域パワーアンプを搭載。広帯域ということで、ハイレゾロゴも取得しています。

D級ではなく、従来どおりのアナログアンプです。最大出力は100W×2ch(8Ω)。これは先代の150Wに比べ落ちてはいますが、現代の日本の平均的な環境と、このクラスのアンプを使うユーザーを考慮すれば妥当なものでしょう。

先代のスペックで多少おかしいと思っていた、スピーカー対応インピーダンスは6Ωからになっています(先代は8Ωからという謎仕様)。

また、底面に「X」型のエンボス加工を施すことによって剛性を高めたXエンボスデザインの新シャーシを採用。

アナログ入力5系統(RCA×4、ステレオミニ×1)、フォノ入力1系統を装備。アナログ出力は1系統。スピーカー出力は2系統で、A or B、またはA + Bの切り替えが可能。ヘッドホン端子も備えます。

外形寸法は430×284×133mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.9kg。消費電力は200W。リモコンが付属。

正直、よくわからない印象もあります。今時、フルサイズのステレオ専用かつ、有線でのデジタル入力に対応しない安価なプリメインアンプとは。この安さでソニーの新製品アンプが手に入るというのがメリットでしょうか?

Bluetooth入力がメインになるくらいの気持ちなのでしょうが、それならミニサイズが良かったような。

それでも、STR-DH100よりは安く、しかも妥当な内容は備えていると思います。コストを抑えるためにAVアンプの筐体を流用しているのはプライドを捨てているようにも思えますが。それだけなりふり構わず発売している意気込みの表れと取りたいです。

プリメインアンプ+SONY

★SONY STR-DH190を楽天で見る★
SONY STR-DH190をamazonで見る
SONY STR-DH190をYahoo!ショッピングで見る

スポンサードリンク


関連記事リスト
SONY STR-DH190
Pioneer SC-LX701
Mark Levinson No.334L 中古も
YAMAHA A-S2100
TEAC AI-301DA

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター