ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番、第3番ほかアルゲリッチ SACD




SACD情報。エソテリックは、お馴染みの「名盤復刻シリーズ」としてSACDハイブリッド盤2タイトルを12月8日より発売します。

『ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番≪葬送行進曲付き≫/第3番/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ/スケルツォ第2番』
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
1967年/74年録音
と、





『チャイコフスキー:3大バレエ〜≪白鳥の湖≫≪くるみ割り人形≫≪眠れる森の美女≫組曲』
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1961年/65年の録音

の2枚。

「名盤復刻シリーズ」は本当に「レコード芸術名曲名盤選第1位」のような名盤ばかりSACD化してきただけに、アルゲリッチのショパンのソナタ(もちろん名曲名盤選1位・第2番)がまだだったのは意外。というのも、どうもこのシリーズにしろハイレゾ音源化にしろ、DGのアナログ時代の録音のハイレゾ化は、なんだかデッカ、RCA、ソニーあたりと比べて効果が薄いような気がするのですが、そのあたりも関係あるのでしょうか。

もちろんCD盤は持っていて(1995年発売の1000円盤!)、リマスタリングの向上のためだけに入手するのはどうかなと言う感じです。

演奏もそれほど好きなものではなく、ショパンのソナタを聴くなら違う演奏、というのもあります。

一方のカラヤンの方も1996年製のCDを持っています。当時のデッカらしい優秀録音ですし、このころのデッカとカラヤンの録音のSACD化はかなり音質向上は大きかったので、音質面では期待できると思います。ただ、3大バレエの演奏としてスタンダードかと言えば、何だか違う気がしてあまり聴かなくなった演奏でもあります…。

出れば何でも買う、というだけの資金があれば別ですが、一枚(ボックス毎も!?)、ずつ検討せざるを得ないのが現実です。しかも15枚で3000円のCDならともかく、このSACDは1枚で3,611円+税ですので。

スポンサードリンク


関連記事リスト
ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番、第3番ほかアルゲリッチ SACD
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集 クーベリック&BRSO
タワーレコードからタワレコ限定SACD ケルテス・VPOのブラームス交響曲全集など
ヤノフスキ&スイス・ロマンド管によるブルックナー交響曲全集 SACDで登場!

メーカー別オーディオ機器一覧へ
国内メーカー
Accuphase DENON DIATONE LUXMAN Marantz ONKYO Pioneer SONY TEAC

海外メーカー
B&W CHORD JBL KEF LINN McIntosh TANNOY

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター