FC2ブログ


FiiO X3 Mark III


新製品オーディオ機器紹介。低価格ながら内容充実、もちろん高音質のDAPで愛好家に人気の(一般の知名度はソニーはおろかオンキヨー、パイオニアにも大きく及ばないのでしょうが)、中国・FiiO(フィーオ)からブランド中級クラスの新製品が登場。

FiiO X3 2nd generationの後継機となるX3 Mark IIIが本国価格: $199.99 / 1298元でこの7月からグローバル発売。日本でも国内正規代理店のオヤイデの取り扱いを待たずして、2017年9月現在、アマゾンにて約23,000円で購入できます。

X3 Mark III最大の特徴は2.5mm径によるバランスイヤホン接続に対応したことです。これまでのフィーオのDAPでも上位機から順にバランス接続に対応させてきましたが、ついにこのクラスにまで下りてきました。

国内、中国メーカー関係なく、この価格クラスでのバランスイヤホン接続対応DAPは少なく、この点だけでも大いに注目です。もっとも、国内メーカーのパイオニア・XDP-30Rが発売後の値下がりが激しく、一時、23000円程度にまでなっていましたから、実はこの価格ではもうバランス接続は楽しめるようになっているのでした。



X3 Mark IIIのサイズは59×114×12.8mm、重量126g、内蔵メモリは無く、microSDカードは1スロットのみで最大256GBに対応、DACにはバーブラウウンPCM5242を2基使用。3.7V/2350mAh のバッテリーを内蔵し10時間再生可能。

対応ファイルはFLAC/APE/ALAC/WAV/WMA/AAC/AIFF/MP3など。DSDも5.6MHzまでサポートします。ヘッドホン出力:は3.5mmアンバランスが 160mW @32Ω 、2.5mmバランスで 200mW @32Ω。Bluetooth送受信に対応しますがSBCコーデックのみです。USB-DAC機能にも対応。USBオーディオ出力には非対応です。

この価格では十分な内容。価格だけ見ればソニーのNW-A40シリーズと被りますが、あちらはバランス非対応。また、デジタルアンプなのでDACチップを搭載していません。

旧機種のX3 2ndとはずいぶん外見が違っていますが、それは実は本機がより下位のX1 2ndをベースにバランスイヤホン端子に対応させたような機種だからです。スクロールホイールをタッチホイールに変更しているのもX1 2nd同様。とはいってもX1 2ndそのままではなく、なかみには結構手が入っているようなので、アンバランスやライン出力がX1 2nd同等ということでもなさそうです。

ついに2万円程度でバランスイヤホン接続対応DAPが手に入るようになりました。DAP界は新たな付加価値を探さないと商売にならないかもしれません。
中華DAP+FiiO

★FiiO X3 Mark IIIを楽天で見る★
FiiO X3 Mark IIIをamazonで見る
FiiO X3 Mark IIIをYahoo!ショッピングで見る

スポンサードリンク


関連記事リスト
SONY DMP-Z1
HiBy R3
FiiO X3 Mark III
COWON PLENUE R
SONY NW-S310


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター