FC2ブログ


カラヤン DG、DECCA録音全集(330CD+24DVD+2BD-Audio)

icon
icon
ヘルベルト・フォン・カラヤン DG、DECCA録音全集(330CD+24DVD+2BD-Audio)
カラヤン生誕110年記念リリース『カラヤンDG&DECCA録音全集』356枚組
The Complete Recordings on DG & DECCA [330CD+24DVD+2Blu-ray Audio ]

クラシック輸入廉価ボックス情報。

ついに出ました。究極のクラシックボックスセットCDが。そこそこのクラシック愛好家ならとっくに出ていると思っていそうな、カラヤンがDG・ドイツ・グラモフォンとデッカに録音した録音の全集が。

廉価ボックスの愛好家なら知っての通り、これらの多くはレーベル別、時代別、オペラ別で売られていたものです。それぞれも80枚組などで大型ボックスばかりでした。

それらを330CDにひとまとめにし、さらに、DG系の映像作品24DVD、1960年代のベートーヴェン交響曲全集とワーグナーのリングのブルーレイ・オーディオ2枚のセットにしたなんと356枚組。

…クラシック輸入ボックス愛好家ならダブりがないのはあり得ないでしょう(強烈なアンチカラヤン派ならありそうですが)。個人的にはDVDがないくらいで、本セットを買う余地はありません…。まさかDVDのためには買いませんし…。

だからといってクラシック音楽初心者におすすめできる分量、価格ではありません…。

それでもこのボックスはかなり注目されておいるようで、HMVではかなり予約が入りそうな感じです。しかし、予約するような人の平均ダブり率はどれくらいなのでしょう。それも気になります。

ただ、単にダブり率で見てもダメかもしれません。というのも、年季の入った?熱心なクラシック愛好家なら、カラヤンのCDはCD初期の1980年代もの?を結構持っているはずです!

そして、ご存じのとおり、カラヤンの録音は1992年以降、「オリジナル・イメージ・ビット・プロセッシング」(略称OIBP)というリマスタリングが順次施されていきます。このOIBP化の恩恵は大きく、リマスタリング違いで買い直すという、今日では当たり前になった現象の流れを作ったリマスタリングと言えます。

個人的にもOIBP化以前のカラヤンのデジタル録音、アナログ録音の1980年代盤を当時買っていて、OIBP盤に買い直したら、音質が良くなったと実感しています。もしかしたら、1980年代のCDの製盤技術が劣っていることによるピット・ジッターの影響もあるのかもしれません。

あと、初発売時には2枚組だったブルックナーの交響曲第8番の1988年盤。これが今や1枚組!82分くらいですが、これが今は1枚に収まるのも驚き。2枚で4000円以上もして、とても買えないと思っていたころが懐かしいです。

そんなわけで、この全集は、これまでのカラヤンのDG、デッカ関連のボックスを1つや2つ持っている程度なら、思い切って買ってもいいのかもしれません。そこまでするならEMI録音全集も買いましょう!

個人的にはCD音源のほうはあるので、じょじょに進んでいる、カラヤンのアナログ音源のハイレゾ音源の収集に入っています。これまたCDより音が良いと感じるので、やめられません。もうきりがないですね…。

HMV発売日:2017年11月10日 まとめ買い価格:99,900円
アマゾン発売日:2017年11月3日 記事執筆時価格:約87,000円


スポンサードリンク


関連記事リスト
アンタル・ドラティの芸術(75CD)
クラウディオ・アラウ/フィリップス録音全集(80CD)
カラヤン DG、DECCA録音全集(330CD+24DVD+2BD-Audio)
スクロヴァチェフスキ・ボックス(28CD)
ピエール・フルニエ DG、デッカ、フィリップス録音全集(25CD)


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>

がふ☆がふ

Author:がふ☆がふ
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
楽天
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
・カテゴリ

過去の名機をヤフオク!で
検索フォーム
プライバシーポリシー
◆プライバシーポリシー 本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
月別記事ランキング
ブログパーツ 楽天ウェブサービスセンター